スバル「WRX STI」最後の特別モデルに殺到! 限定台数の23倍となる約1万3000件の応募

2019年12月末をもって受注が終了するスバル「WRX STI」の最後の特別モデル「EJ20 ファイナルエディション」の商談受付がおこなわれ、限定台数555台に対して約1万3000台の応募があったことがわかりました。

大人気!「WRX STI」の最後の限定車とは?

 2019年12月末に生産終了を予定しているスバル「WRX STI」の最後の限定車「EJ20 ファイナルエディション」の商談受付が、2019年10月24日から11月11日におこなわれていましたが、限定台数555台に対し、23倍となる約1万3000件の応募があったことが明らかになりました。

東京モーターショー2019で公開された「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」
東京モーターショー2019で公開された「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」

 1989年に初代「レガシィ」に搭載された「EJ20型」エンジンは、スバルを代表するターボエンジンとして、さまざまなモデルに搭載されてきました。モータースポーツの分野においても、世界ラリー選手権(WRC)やニュルブルクリンク24時間レースなどの活躍にも貢献したパワーユニットです。

 現在EJ20型エンジンは、日本仕様のWRX STIに搭載されていますが、このエンジンの生産が2019年度内に生産終了することにともない、現行モデルのWRX STIも終了することになりました。

 EJ20型エンジンのフィナーレを飾る特別仕様車として設定されたWRX STI EJ20 ファイナルエディションは、上級グレードの「タイプS」をベースとし、バランスドエンジンを搭載しています。

 回転機構の主要パーツの重量をひとつひとつ精査して組み上げ、EJ20型エンジンの特長である高回転域まで吹け上がる気持ち良いエンジンフィーリングをさらに磨き上げました。

 外観は、WRCで活躍したマシンを彷彿させるゴールド塗装のBBS19インチ鍛造アルミホイールを装着。フロントグリルやリアバンパーには、STIのコーポレートカラーであるチェリーレッドのアクセントを採用しています。

 また、ドアミラーやシャークフィンアンテナはブラックとし、全体のスタイリングを引き締めました。

 内装は、ウルトラスエード巻ステアリングホイールやシルバーのフロント・リア左右3点式ELRシートベルトなどの専用装備を採用するとともに、エンジン内には「EJ20 Final Edition」オーナメントが装着されています。

 ボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「WRブルー・パール」の3色が用意されて、価格は(消費税込)は452万1000円から485万1000円です。

※ ※ ※

 これまでも、WRX STIの限定車は、即日完売したり、抽選でも高倍率になるなど、いずれも人気を誇ってきました。

 WRX STIの最後の限定モデルについて、スバル広報部は次のようにコメントしています。

「WRX STI EJ20 ファイナルエディションがここまで反響があるとは予想していませんでしたが、大変ありがたいことです。応募されたお客さまのなかには、抽選に漏れたときのことを考えて、限定車の見積もりと通常仕様の見積もりを両方出してもらっている人もいたと聞いています。EJ20型エンジンが終了するのは残念ですが、30年という長い間、多くの人に愛されてきたということがわかります」

 抽選結果は、2019年11月14日午後4時以降に、申込時に入力したメールアドレス宛に通知が送られるとのことです。当選したユーザーは、抽選結果通知メールの記載に従い、商談をおこなうことになります。

 WRX STI EJ20 ファイナルエディションは抽選販売となりますが、通常仕様のWRX STIは、2019年12月23日まで受注が受け付けられます。また、FA20型エンジンを搭載する「WRX S4」については、継続して販売されます。

次期WRX STIはどうなる!? EJ20 ファイナルエディションや歴代限定車を振り返る(43枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント