トヨタ「シエンタ」の牙城崩せる? ホンダ「フリード」の追い上げはいかに?

いま売れに売れているのがコンパクトミニバンのトヨタ「シエンタ」です。同クラスのライバルである、ホンダ「フリード」のマイナーチェンジに伴い、SUVテイストを取り込んだ新グレード「クロスター」を追加しました。熱い戦いを繰り広げる両車の販売台数に変化はあるのでしょうか。

コンパクトミニバン一騎打ち!シエンタとフリードの勝負はいかに?

 日本の市場においてミニバンは売れ筋ジャンルのひとつです。そんなミニバンのなかにもいくつかのボディサイズがあり、もっとも小さなタイプが全長わずか4.3mほどしかないコンパクトミニバン。トヨタ「シエンタ」とホンダ「フリード」が該当します。

 最近では、シエンタが登録車販売台数で2019年8月/9月と首位に立つなど勢いを増していますが、フリードもSUV風グレードの追加など目が離せません。両車の戦いはどうなっているのでしょうか。

逃げるシエンタと追うフリード! 両車の販売台数はどう変化する?
逃げるシエンタと追うフリード! 両車の販売台数はどう変化する?

 シエンタは、初代モデルが2003年に販売開始され、現行となる2代目モデルは2015年7月にデビュー。現行モデルは、「ミニバン=四角い」というイメージを覆した設計がなされ、「Active & Fan」をキーワードに「トレッキングシューズ」をイメージした新鮮な外観と機能性が高評価です。

 対する初代フリードは、初代「フィット」をベースにした7人乗りのコンパクトミニバン「モビリオ」の販売を2001年に開始し市場ニーズを掴み、2008年に2代目フィットをベースにしたモデルとして登場。2016年9月には、フルモデルチェンジを経て、現行の2代目モデルになっています。

 両車はいずれも一定の人気があり、以前までの登録車販売台数ランキングでは10位前後が定位置となっていました。

 そんな両者の関係に大きな変化が訪れたのが2018年9月。シエンタがマイナーチェンジをおこない、安全装備が機能向上するとともに2列シート車を追加。そのマイナーチェンジをきっかけに、販売台数が急上昇したのです。

 マイナーチェンジ後の2018年10月、11月、そして12月には3か月連続で登録車販売台数ランキングにおいて2位という好成績を残します。

 そして2019年8月と9月には1位を記録し、フリードに大きく差をつけたのです(フリードは同時期7位と9位)。2019年4月から9月までの6か月間では、フリードが4万3468台(前年度比109.6%)に対し、シエンタは5万5602台(前年度比なんと143.9%)を販売。シエンタはマイナーチェンジの効果がしっかりと表れたといえるでしょう。

 しかし、フリードもその状況に甘んじているわけでありません。2019年10月18にマイナーチェンジを実施。反撃の体制が整いました。

 今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパーをはじめとするフロントデザインの変更をおこなっています。

 そのうえで、シエンタにはないトピックといえるのが新グレード「クロスター」の追加です。標準車に対して外観を変更し、ミニバンとしての使い勝手はそのままにSUVテイストを加えたモデルです。

 いま、SUVクロスオーバーモデルはますます人気が高まっています。フリードクロスターはコンパクトミニバン初のSUVクロスオーバーモデルとして、独特の存在感を持っているといえるでしょう。

 フリードの開発責任者・田辺正氏は、新グレードのクロスターについて、次のように話します。

「ミニバンの機能を持ちながら、SUVのテイストをもったクルマを提供したいと思いました。ノーマルグレードに対して大きく違うのはスタイリングです。フロントグリルは力強さを表情としてしっかり見せています。

 SUVのテイストを持ったスライドドアのクルマですから、普通のミニバンには興味がないという人にも選んでいただければと思います」

 また、フリードの販売状況について、ホンダ広報部は次のように話します。

「新型も継続してご好評をいただいており、とくにクロスターグレードに関しては、計画以上の受注をいただいております」

※ ※ ※

 このように、SUVテイストを盛り込んだクロスターには新たなニーズを開拓する役目として、好調なスタートを切ったようです。

【画像】広い室内!そりゃ売れる! 「シエンタ」と「フリード」の内外装をチェック(58枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント