トヨタが5ナンバーSUV新型「ライズ」発表 見た目はミニ「RAV4」 大中小SUV揃え市場席巻か

トヨタは新型コンパクトSUV「ライズ」を発売しました。新型ライズはダイハツ新型「ロッキー」の兄弟車で、コンパクトなボディサイズながら広々とした室内が特徴です。

トヨタの新型SUVはミニRAV4? 5ナンバーサイズ「ライズ」は日本市場を意識

 トヨタは、新型「ライズ」を2019年11月5日に発売しました。新型ライズは、一体どのようなクルマなのでしょうか。

トヨタ新型「ライズ」は「RAV4」を意識!?
トヨタ新型「ライズ」は「RAV4」を意識!?

 新型ライズは、「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」という多様なニーズに応える、5ナンバーサイズのコンパクトSUVです。

 トヨタの現在のSUVラインナップは、ラージサイズの「ランドクルーザー/ランドクルーザープラド」「ハイラックス」、ミドルサイズの「RAV4」「ハリアー」、コンパクトサイズの「C-HR」と多くのモデルを取り揃えていますが、新型ライズはもっとも小さいSUVとして投入されます。

 新型ライズは、トヨタの子会社であるダイハツが企画・開発をおこない、トヨタにOEM供給します。ダイハツでは新型「ロッキー」として発売されます。

 新型ロッキー・新型ライズのチーフエンジニアを務めるダイハツ工業 製品企画部 大野宣彦氏は、次のように説明します。

「新型ロッキー・新型ライズは、2019年7月に発売された新型『タント』に続くDNGA第2弾です。トヨタブランドとしては、初のDNGAモデルです。

 日本の乗用車市場は毎年横這いの状態が続いていますが、そのなかで、SUVの比率は年々上がっており、SUVの人気が高まっていることがわかります。また、コンパクトカーに乗っているユーザーがSUVに乗り換える比率も上がっています。

 一方で、SUVを購入したユーザーの意見として、価格の高さや荷室の狭さ、取り回し性能について不満を持っているという声があります。そこで、従来のSUVユーザーの不満を解消した、コンパクトなサイズで荷室が広いというダイハツならではの新しい小型SUVを企画・開発しました。

 ロッキーは軽自動車やコンパクトカーからのアップサイジング、一方のライズはミニバンやSUVからダウンサイジングするユーザーなど、幅広いユーザーのニーズに応えられるものと考えています」

※ ※ ※

 新世代に向けたクルマづくりとして、ダイハツが2019年7月に発売した新型「タント」から取り入れた「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」が、コンパクトモデルに初採用されました。

 プラットフォームやパワートレインユニットなどすべてを新開発し、走りや上質感、安全・安心など、あらゆる面で高いレベルを目指したといいます。

 新型ライズの外観デザインは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmというコンパクトな5ナンバーサイズで、17インチの大径タイヤの採用や張り出したフェンダーにより、堂々とした力強いスタイルとしました。

 角ばったバンパーコーナー形状や大径のロアグリルなど、トヨタの人気ミドルサイズSUV「RAV4」と共通したデザインモチーフを取り入れ、ダイナミックな印象です。

 薄型のLEDヘッドランプは、内側から外側へ流れるように点滅するLEDシーケンシャルターンランプを内蔵し、先進性を演出しています。

 ボディカラーは、新開発の「ターコイズブルーマイカメタリック」を含む全8色とツートーン仕様が3色設定されました。

「RAV4」に激似!? トヨタ新型「ライズ」がカッコ良すぎる!(51枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. コンパクトSUVって中途半端すぎて何がしたいかわからない。
    なんでもSUVってつければ売れるって話なのかなぁ‥

  2. ROCKYを試乗しましたが出足は良好。それだけの車かなあ。
    内装、外装のカラーリングが…日本の若者は車離れをしており郵便自動車色で火星探査に行きません。
    最新Kカーのほうが広く綺麗でオートブレーキホールド付きの時代。残念ですがまあスズキのクロスビーには敵わないと思いました。

  3. ROCKYを試乗しましたが出足は良好。それだけの車でした。
    内装、外装のカラーリングが…日本の若者は車離れをしており郵便自動車色で火星探査に行きません。
    最新Kカーのほうが広く綺麗でオートブレーキホールド付きの時代。残念ですがまあスズキのクロスビーには敵わないと思いました。

  4. ROCKY試乗しましたが出足良好のみgood。
    外装、内装のカラーが暗いです。
    若者は車離れしておりこの郵便自動車色の車で火星探査には行きません。
    最新のKカーのほうが広く綺麗でオートブレーキホールドも付いているのでそちらを買います。
    あるいはスズキのクロスビーが素敵なデザイン。

  5. ライズの見た目がミニRAV4?
    ロッキーの方がRAV4要素が強いけど?
    ライズとロッキー、どっちが好きかと尋ねられれば、即答でロッキーだな。

  6. SUV風のコンパクトかな。
    タンク・ルーミーより20cm以上全長を伸ばしているので室内もそこそこだけどアイポイントは低めだし。
    大径タイヤ、ボンネットフードが長く比較的スクエアなフォルム、185mmの最低地上高と押さえるポイントは押さえている。
    しかし、SUVと言い切るには?

    しかし他の人も実感しているように「快速」なのは事実。
    1tを切る車重に1.0Lターボ。
    CVTのダラーと加速する感じは全くなかった。

    決して「エンジンを唸らせて豪快な加速」ではなく、「軽量なボディーをハイトルクのエンジンで軽々と加速」させる感じ。