スバル「WRX STI」最後の特別モデル「EJ20 ファイナルエディション」555台限定で抽選販売

2019年12月末をもって受注が終了するスバル「WRX STI」の最後の特別モデル「EJ20 ファイナルエディション」が、555台限定販売されます。いったいどのようなモデルなのでしょうか。

 2019年12月末をもって受注が終了するスバル「WRX STI」の最後の限定車「EJ20 ファイナルエディション」のプロトタイプが、2019年10月23日から開催された東京モーターショー2019で初公開されました。

スバル「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」
スバル「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」

 現行WRX STIに搭載される「EJ20型エンジン」は、1989年に発売された初代「レガシィ」に搭載されて以来、スバルを代表するターボエンジンとして、さまざまな車種に搭載されてきました。世界ラリー選手権(WRC)やニュルブルクリンク24時間レースをはじめとする、モータースポーツでの活躍に大きく貢献してきたパワーユニットです。

 今回、EJ20型水平対向エンジンの生産が2019年度内に終了することになり、このエンジンを搭載する日本市場向けの現行型WRX STIについても、2019年12月23日をもって注文受付を終了します。

 WRX STIの集大成となるEJ20 ファイナルエディションは、「WRX STI タイプS」をベースに、回転系パーツの重量公差・回転バランス公差を低減したバランスドエンジンを採用。EJ20型エンジンの特長である高回転域まで吹け上がる気持ち良いエンジンフィーリングをさらに磨き上げました。

 なお、「EJ20 Final Edition」オーナメントが、エンジンルーム内に装着されています。

 外観は、世界ラリー選手権(WRC)で活躍したマシンを彷彿させるゴールド塗装のBBS19インチ鍛造アルミホイールを装着。フロントグリルやリアバンパーには、STIのコーポレートカラーであるチェリーレッドの差し色を採用しました。

 また、全体のスタイルを引き締めるアクセントとして、ドアミラーやシャークフィンアンテナはブラックとしています。

 ボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「WRブルー・パール」の3色です。

 内装は、ウルトラスエード巻ステアリングホイールやシルバーのフロント・リア左右3点式ELRシートベルトなど、専用装備を採用しました。

 WRX STI EJ20 ファイナルエディションの価格(消費税込)は452万1000円から485万1000円で、555台が限定販売されます。

 購入については、2019年10月24日から11月11日の受付期間中にスバル販売店でエントリーが必要です。限定台数を上回るエントリーがあった場合は、厳正なる抽選のうえ、当選者に商談の機会が設定されます。

※ ※ ※

 これまで販売されたWRX STIの限定車は、即日完売したり、抽選販売でも高倍率になるなど、いずれも高い人気を誇っていました。

 今回限定販売される「EJ20 ファイナルエディション」についても、最後の限定車となることから、多くの人が抽選にエントリーするものと思われます。

 なお、通常仕様のWRX STIは、2019年12月末まで受注が受け付けられます。また、FA20型エンジンを搭載する「WRX S4」については、継続して販売されます。

452万円から!スバル「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」の詳細画像を見る(16枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント