オールシーズンタイヤのドライ・ウェット性能ってどうなの? 実際に試してみた

近年話題になっているオールシーズンタイヤを実際に試してみました。今回試したのは、グッドイヤーの「アシュアランスウェザーレディ」というSUV用オールシーズンタイヤ。まだ雪はないのでドライ・ウェット路面で走った印象や、ネガティブな部分もお伝えしていきます。

オールシーズンタイヤが使われる場面は9割以上がドライ・ウェット路面

 2019年も早いもので10月の半ばを過ぎました。日本全国をみるとすでに初雪を観測した地域もあり、そんなニュースを見ると「そろそろタイヤ履き替えの時期か」と思う人もいるのではないでしょうか。

オールシーズンタイヤのテストに使うのは、グッドイヤーのSUV用オールシーズンタイヤ「アシュアランス ウェザーレディ」
オールシーズンタイヤのテストに使うのは、グッドイヤーのSUV用オールシーズンタイヤ「アシュアランス ウェザーレディ」

 冬といえば真っ先にスタッドレスタイヤへの履き替えが思い浮かびますが、非降雪地域ではその性能をほとんど使うことなくシーズンが終わってしまうことも少なくありません。

 そんな非降雪地域のユーザーの間で近年話題になっているもうひとつのタイヤジャンルがオールシーズンタイヤ(全天候タイヤ)と呼ばれるタイヤです。

 オールシーズンタイヤは、その名の通り一年中さまざまな路面状況において走行できるタイヤとされています。タイヤを履き替える手間もなく、外したタイヤの保管場所も不要。そして夏用と冬用をそれぞれ揃える必要もないので、コスト的にもお得です。

 オールシーズンタイヤは意外と古くから存在しており、日本では2008年から発売されたグッドイヤーの「ベクターフォーシーズンズ 」が有名ですが、2018年にはミシュランが「クロスクライメート」を発売。2019年にはダンロップが「オールシーズンマックスAS1」を発表しました。

 これらのメーカーサイトを覗いてみると、ドライ路面やウェット路面では夏タイヤと同等の性能を有し、ちょっとした雪やシャーベット路面ならばそのまま走行可能。冬タイヤの証である「スリーピークスノーマウンテンマーク」や「M+S(マッド+スノー)マーク」も取得し、高速道路冬用タイヤ規制でも通行可能とされています。

 では、オールシーズンタイヤのドライ・ウェット路面の実力はどうでなのしょうか。

 それを確かめるため、今回はグッドイヤーから発売されている「アシュアランスウェザーレディ」を試してみました。ドライ・ウェット路面を2カ月ほど使用してみたので、その印象をお届けします。

オールシーズンタイヤってどんなタイヤ? 画像で詳しく見る(14枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント