メルセデス・ベンツCクラスのSUV版? GLCがパワーアップして登場

2019年10月3日、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備と、SUVのよさを兼ね備えたプレミアムミドルSUVの新型「GLC」と新型「GLCクーペ」が発表され、同日より注文受付をスタートしました。最初に日本に導入されるラインナップはどのようになっているのでしょうか。

メルセデス最量販SUVのGLCが新しくなった!

 メルセデス・ベンツ日本は、2019年10月3日に新型「GLC」と新型「GLCクーペ」を発表し、同日より注文受付を開始しました。

細かなエッジやラインを減らして面を強調した外観デザイン。本質的に重要なものだけを残す質実剛健なデザインとなっている
細かなエッジやラインを減らして面を強調した外観デザイン。本質的に重要なものだけを残す質実剛健なデザインとなっている

 2015年6月に発表された先代「GLC」は、それまでのGLKクラスの後継モデルというポジションでした。車名からわかるように「Cクラス」のSUV版ともいえ、新型GLCは、Cクラスと同等の安全・快適装備に加え、高いアイポイントや同セグメントのなかでは低重心のためにセダンのような乗り心地と取り回しのよさをあわせ持ったプレミアムミドルサイズSUVです。
 
 また新型GLCクーペは、GLCと同等の走行性能、利便性を実現しながら、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立したSUVクーペです。
 
 2代目となるGLCならびにGLCクーペの日本導入モデルにはどのようなラインナップがあるのでしょうか。

●GLCとGLCクーペは、5つのラインナップで発売開始

 GLCとGLCクーペは、エンジンや出力違いによってメルセデス・ベンツのブランドで2車種、メルセデスAMGのブランドで3車種、合計5車種のラインナップで日本に導入されます。

 メルセデス・ベンツでは、2リッター直列4気筒ディーゼルターボの「220 d 4MATIC」と2リッター直列4気筒ターボの「300 4MATIC」がラインナップされます。「GLC 220 d 4MATIC」が690万円(消費税込、以下同)、「GLC 220 d 4MATICクーペ」が721万円、「GLC 300 4MATIC」が775万円、「GLC 300 4MATICクーペ」が807万円です。
 
 メルセデスAMGからは、3リッターV6直噴ターボの「43 4MATIC」と4リッターV8ツインターボで出力違いの「63 4MATIC+」と「63 S 4MATIC+」がラインナップされます。「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」が948万円、「メルセデスAMG GLC 43 4MATICクーペ」が980万円、「メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+」が1313万円、「メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+クーペ」が1344万円、「メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+」が1487万円、「メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペ」が1519万円です。
 
 すべてのモデルが右ハンドルのみの設定となります。組み合わされるトランスミッションは、すべてのラインナップで9速ATとなります。駆動方式にFRはなく、4MATIC(四輪駆動)のみとなります。

新型GLCと新型GLCクーペの違いを確認する!(22枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. EとCは下駄が共通なのだが何で今でもあるGLEの350ブルーテックのエンジンをEワゴンとセダンから削いでしまったのかね?
    あのセダンのE350ブルーテックを運転したことあるけど後にC220Dを転がしようもんならまるでオモチャそのもの!
    それにSUVとは言え昔のクラウン並みの最低地上高しかない数値も問題だしメルセデスは4MAICのジャダーを改善したのでしょうかね?
    E220DではDPRの取り回しの都合か?ロードクリアランスが115とかオールテレインですら130がやっとですからね
    ベンツも迷走してますね。