一度は体感したい!時速300キロ以上出せる国産車3選

高性能なスーパーカーやスポーツカーといえば、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどのモデルが浮かびますが、国内にも時速300キロ超えが可能なクルマが存在します。今回は、ハイスペックな国産モデルを3台紹介します。

最高速度300km/hオーバー、速さに特化した高速国産車たち

 近年、クルマは目的地へ向かうための単なる移動手段という枠を超え、機能性やデザイン性までも求められる時代となっています。

 現在、国内で売れているモデルでは、軽自動車のホンダ「N-BOX」やコンパクトカーのトヨタ「アクア」や日産「ノート」であり、コンパクトで使い勝手が良いクルマが人気を集めています。

 そんななか。クルマの「走り」に重点を置いたモデルも存在します。今回は、時速300キロ超えが可能な国産スポーティモデルを3台紹介します。

●日産「GT-R」

世界に誇る2大スポーティモデルの日産「GT-R」とホンダ「NSX」
世界に誇る2大スポーティモデルの日産「GT-R」とホンダ「NSX」

 日産「GT-R」は、世界中で人気のあるスポーティモデルです。すべてのGT-Rは、日本の栃木工場で生産されており、1日の生産台数は最大20台となっています。

「スカイラインGT-R」と間違われることがありますが、かつてはスカイラインの最上級グレードがGT-Rと呼ばれており、現在のGT-Rはスカイラインシリーズとは別物です。

 3.8リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジン(最高出力570馬力/最大トルク65.0kgfm)を搭載し、リミッターを解除すれば300km/hオーバーが可能なモンスターマシンです。

 また、NISMOの専用チューニングを施したセッティングでは最高出力600馬力、最大トルク66.5kgfmを発揮し、欧州仕様のカタログ上では最高速度315km/hとなっています。

 2019年9月現在では、標準モデルとして3グレード(Premium/Black/Pure)が存在。価格(消費税8%込み)は、1063万1520円から1253万9880円となり、「Track edition engineered by NISMO」の価格(消費税10%込み)は1463万6600円です。

 また、さらなる高性能スペックを誇るNISMO仕様は、2420万円(消費税10%込み)という価格が設定されています。

●ホンダ「NSX」

 ホンダの初代「NSX」は、1990年から2005年の販売終了まで約15年間販売されていました。当時の新車価格は900万円から1300万円となっており、販売された15年間は、国産スポーツカーの最高新車価格でした。

 その後、2016年に2代目となるNSXが登場します。エンジンは、F1エンジンメーカーの「コスワース」との共同開発となっており、3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン+ハイブリッドシステム(最高出力581馬力)が搭載され、年式や国や地域によって異なりますが、カタログ上では最高速度308km/hとなっています。

 ハイブリッドシステムには、エンジンをアシストするダイレクトドライブモーターが1基、前輪を左右独立で駆動・制御するツインモーターユニットが2基、合計で3基のモーターが搭載されています。

 エンジンだけでは補えないパワー域をモーターの力を合わせることにより、スタートから最高速まで途切れることなくパワフルな加速を実現。ちなみに、NSXの名前の由来は「New SportsCar X」の頭文字をとっており、Xは未知数を表しています。

 なお、NSXの価格(消費税8%込み)は、2370万円です。

めっちゃ速い! 日本が誇るスポーティモデルを画像で比較する!(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ドイツの南部が道路が堅くて走りやすい。それでも、200km/hでも走れる時間は秒単位だった。あっと言う間に前の車に追いついてしまう。日本車だったけど、多分、日本車とわかると速くてもよけてくれない。車格で、例えばBMWの7とかポルシェだと、追いつかれる前のかなり前からよけてくれるみたい。NSXは異様な意匠で速さを予想できるけど、GT-Rはイギリス以外の大陸では存在を知っている人が少ないんじゃないかな。300km/hで走るんだったら、ニュルブルクリンクみたいなコースを走るしかないと思う。