なぜ「クーペ風」デザインが人気? SUVもセダンもクーペのようなクルマが流行る理由

昨今は世界的なSUVブームといえる状況ですが、一方でクーペ風も流行っているといえます。クーペ風のSUVやセダンなどが続々と登場しているのは、一体なぜなのでしょうか。

世界的なトレンドは間違いなくSUVクーペ

 最近、発表会やモーターショーの取材をしているなかで、耳にしたり、言葉にすることが確実に増えている言葉があります。それが「クーペ」です。

 ただ昔でいう「クーペ」そのもののモデルではなく、クーペ風スタイルのSUVやセダンなどが続々と登場し、まさに世界的トレンドとなっています。一体なぜなのでしょうか。

クーペスタイルのSUVとして人気のトヨタ「C-HR」
クーペスタイルのSUVとして人気のトヨタ「C-HR」

 2019年9月に開催されたフランクフルトモーターショーでは、メルセデス・ベンツから新型「GLEクーペ」がデビューしました。同じようにBMWからは新型「X6」が登場しています。X6は、「X5」のクーペバージョンのような存在です。

 国産車では、2016年12月に登場してヒットしたトヨタ「C-HR」もSUVクーペと呼べるデザイン。三菱が久しぶりにリリースした「エクリプスクロス」や、マツダが2019年9月20日に発表した新型SUV「CX-30」もスタイル的にはSUVクーペといえます。

 SUVに関していえば、世界的に見てもトレンドは間違いなくSUVクーペといっていい状況です。

 エクリプスクロスのデザインについて、三菱は次のように説明します。

「SUVのデザインについては、各メーカーでいろいろな方向性があると思います。エクリプスクロスに関していえば、前から後ろへと流れるルーフのラインとサイドのキャラクターライン(ドア部の造形線)を繋げ、“クーペスタイル”を意識してデザインしています。

 過去にクロカンや本格四駆が流行した時代と違い、いまは舗装された道や都市部でも違和感ない、タイリッシュさを要望するユーザーが多いためです。

 そのため、過去イメージとの差別化を図るため、ゴツゴツとした大きなSUVではなく、シャープでスマートなデザインが世界的なSUVのトレンドとなっているのだと思います」

 また、SUVに限らず、セダンでも流麗なスタイルを持つ4ドアクーペが人気を集めています。

 たとえば、日本での発売が始まったメルセデス・ベンツの新型「CLA」は、まさに4ドアクーペです。正統派セダンの「Aクラスセダン」があるので、CLAはより流麗なスタイルが与えられています。

 フォルクスワーゲンのフラッグシップとなる「アルテオン」も、中身はほとんどセダンの「パサート」と同じですから、これもパサートの4ドアクーペ版という存在になります。

 クーペを謳っていませんが、トヨタの新型セダン「カローラ」など最近のセダンの多くがスポーティさを特徴としており、スタイリング的には流麗なクーペ風に向かっています。まじめでお堅い雰囲気のセダンは、すっかり少数派になっているのではないでしょうか。

 とはいえ、これらのクーペは本当のクーペではなく、すべて「クーペ風」といえます。

 本来クーペとは、2ドアの流麗なスタイルを持ったスポーティなクルマを指す言葉です。国産車でいえば、トヨタ「86」や「スープラ」、日産「GT-R」などが該当します。

 ただし、そんなに本格的なスポーツカーではなく、普通のセダンをベースにしたメルセデス・ベンツ「Cクラスクーペ」のようなクルマも海外にはたくさん存在しています。

黒すぎて形が認識できない!? 世界一黒い「X6」などクーペ風モデルを画像でチェック(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント