「エスティマ」「マークX」が消える! 令和元年に生産終了するクルマ5選

新しいクルマが誕生するばかりでなく、消えてしまうクルマがあります。理由はさまざまあるようですが、売れなくなったことが最大の原因です。そこで、令和元年に生産が終了するクルマを5車種ピップアップして紹介します。

惜しまれつつ消えていってしまうクルマたち

 新しいクルマが誕生する影で、消えていくクルマがあるのは避けられません。

最後の最後にひと花咲かせた「マークX “GRMN”」
最後の最後にひと花咲かせた「マークX “GRMN”」

 理由はさまざまですが、決定的なのは売れなくなってしまったことです。どんなに人気があるクルマでも、長く販売しているとライバルに対して、時とともに魅力が薄れてしまうのは仕方ないことでしょう。

 そのためにモデルチェンジをおこなうわけですが、できない事情もあるようです。

 そこで、令和元年の2019年に生産が終了するクルマを5車種ピップアップして紹介します。

●トヨタ「エスティマ」

現役モデルでもっともロングセラーだった3代目「エスティマ」
現役モデルでもっともロングセラーだった3代目「エスティマ」

 かつてミニバンは、1BOXタイプのバンをベースとしたモデルから始まりました。そうしたなか、1990年に、専用設計されたシャシのミニバンであるトヨタ「エスティマ」が発売。

 丸みをおびたスタイルから、トヨタは「天才タマゴ」というキャッチコピーで宣伝しました。

 3列シートの7人乗りで、エンジンを前席下付近に配置したミッドシップ・リアドライブ(MR)とすることで、フラットな室内を実現するなど、先進的なミニバンでした。

 しかし、販売台数では後発のホンダ「オデッセイ」のほうが勝り、2000年発売の2代目ではオーソドックスなFFとなります。

 そして、2006年に現行モデルの3代目にモデルチェンジすると、改良が重ねられいまに至ります。なかでも2016年のマイナーチェンジでは、フロントマスクの大幅な変更と、先進安全装備の拡充が図られるなど、発売10年でビッグマイナーチェンジということで大いに話題となりました。

 ところが、エスティマの販売は低迷し、2019年10月に生産終了という情報が報じられました。これ以上のアップデートは、古いシャシでは難しいということでしょう。

 エスティマの車格は「アルファード/ヴェルファイア」と「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」の間になりますが、このポジションにライバルは少ない状態なので、言い換えればニーズも少ないということなのかもしれません。

●トヨタ「マークX」

大人のためのFRセダン「マークX」も消えてしまう
大人のためのFRセダン「マークX」も消えてしまう

 トヨタ「マークX」の先祖は、1968年に「コロナ」から分派した「コロナマークII」です。

 そして、1984年に発売された5代目以降、車名からコロナが取れて「マークII」となり、2004年にはマークXになりました。

 現行のマークXは2009年に発売された2代目で、コロナマークIIのころから一貫してフロントエンジン、リアドライブというFR駆動を守っています。

 マークXは派手すぎないデザインで大人向けのセダンとして人気がありましたが、近年のSUVやミニバンの人気に押されて販売台数は低迷。

 そして、トヨタは2019年12月をもって生産終了を発表し、同時に特別仕様車「マークX 250S ファイナルエディション」を発売しました。

 プレミアムカー以外では数少ないFRセダンが、また1台消えてしまいます。

●日産「キューブ」

優れたデザインで海外でも評判だった「キューブ」
優れたデザインで海外でも評判だった「キューブ」

 1998年、日産「マーチ」のコンポーネントを流用したトールワゴン「キューブ」が発売されました。2列シートのミニバンというイメージで、コンパクトながら広い室内空間で人気となります。

 そして、2002年には、キューブという名にふさわしい「箱型」と曲線を上手く組み合わせたデザインの2代目が発売され、大ヒットを記録します。

 とくに、左右非対称のリアゲートが斬新で、海外からもデザインが高く評価されます。2003年に派生車として3列シート化された「キューブキュービック」を発売し、これも大いに話題となりました。

 2008年にはデザインを先代からキープコンセプトとした3代目が発売され、シリーズ初の海外市場での販売も始まります。

 その後10年以上フルモデルチェンジされず、販売が続けられていましたが、先進安全装備を搭載することはなく、商品力の低下は避けられませんでした。

 近年は販売台数の低迷が著しく、エスティマと同様にこれ以上のアップデートが困難という判断によって、2019年をもって生産終了することが明らかになりました。

なぜ名車無くなる? 消える名車の画像で見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 終わらせるには惜しいクルマばかりだな
    そんなにミニバンとSUVを売りたいのか

  2. 知人のアルファードで京都から広島までドライブしたけど乗り味は商用車そのまんまと言うか?逆に4ナンバーのキャブオーバーのハイエースのほうが疲れないような気もするけど
    セミボンネットのミニバンが一番中途半端な車だと思うのは自分だけか?
    軸重分布などの諸元を診てもセダンが理想なんだけどね