お手頃価格と走りの良さを両立! 200万円以下の国産MT車3選

公道でMT車の楽しさを味わうなら、軽量で手頃な価格の小型MT車がピッタリです。国産車のなかから3台ピックアップして紹介します。

やっぱりMTが最高! 国産小型MTスポーツモデルたち

 クルマ好きからは、AT車よりMT車を支持する声が多いです。支持する理由のなかには「エンジンパワーを使い切ることができるからMT車が好き」という意見も多くあります。
 
 サーキットなどの特殊環境以外においてパワーを使い切るには、性能の高すぎる本格スポーツカーよりも、小型スポーティモデルのほうが最適です。そこで、国産車で200万円以下の小型車のなかから、スポーツドライビングを楽しめるMT車を3台紹介します。

●日産「マーチ NISMO S」

専用パーツが数多く採用された日産「マーチ NISMO S」
専用パーツが数多く採用された日産「マーチ NISMO S」

 日産「マーチ」は1982年からの長い歴史を持つ小型車ですが、初代に設定されていた「スーパーターボ」をはじめ、スポーティグレードにも力を入れているクルマでもありました。

 4代目となる現行型においては、オーテックジャパンが架装をてがける「NISMO」グレードが、マーチのスポーティグレードの歴史を引き継ぐモデルとなっています。

 マーチ NISMOには、CVT仕様の「NISMO」と5速MTの「NISMO S」のふたつがありますが、NISMO SグレードではトランスミッションがMTとなるだけでなく、最高出力116馬力を発揮する専用チューンの1.5リッター自然吸気エンジンが搭載されています。

 また、ボディの補強や専用サスペンション、エアロパーツ、レッドセンターマーク付ハンドル、アルミ製ペダル&フットレストなど、レベルの高い走りを予感させる装備の数々が採用されました。

 丸みを帯びた可愛らしい外観ではありますが、走りの本気度は高い1台です。車両価格は184万円2480円(消費税込、以下同様)となっています。

●スズキ「スイフトスポーツ」

コンパクトカーのなかでも走りに定評があるスズキ「スイフトスポーツ」
コンパクトカーのなかでも走りに定評があるスズキ「スイフトスポーツ」

 スズキが2016年から販売する小型車が4代目となる現行型「スイフト」です。そしてスイフトをベースとして開発され、翌年の2017年に販売されたスポーティモデルが現行型「スイフトスポーツ」です。

 現行スイフトスポーツは、ベース車が5ナンバーサイズであるのに対し全幅1735mmと3ナンバーサイズへ拡大されています。また、足まわりやボディなども強化され、スポーティモデルらしい装備内容となりました。

 エンジンは、先代の1.6リッター自然吸気エンジンから、1.4リッター直噴ターボエンジンに変更され、最高出力は140馬力を発揮します。トランスミッションは6速MTと6速ATの2種類です。

 また、徹底した軽量化がおこなわれたことにより、車重は1トンを下回る970kg。これに高出力のエンジンが組み合わされることで、走行性能はかなりの高い水準となります。

 荷室容量265リッターというスイフト譲りの必要十分な実用性も考慮すると、普段使いからスポーツドライビングまで、オールマイティに使える性能を持つコンパクトスポーツといえるでしょう。

 車両価格は183万6000円からです。

トヨタが贈る約208万円のスポーティ小型MT車とは? 写真で見る(20枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事