日産「GT-R」とホンダ「NSX」買うならどっち? 国産スーパーカー頂上対決

日本を代表するスーパーカーといえば、日産「GT-R」とホンダ「NSX」です。両車のキャラクターはどのようなところが違うのでしょうか。メカニズムや走行性能、価格など、気になるスペックを比較します。

日本が誇るスーパーカー「GT-R」vs「NSX」

 日本を代表するスーパースポーツカーといえば、日産「GT-R」とホンダ「NSX」でしょう。

 GT-Rは、2007年にデビューしました。それまでは「スカイライン」の高性能モデルという位置づけで「スカイラインGT-R」という車名でしたが、現世代となる「R35」と呼ばれるモデルからはスカイラインから独立して、GT-Rとなりました。

日産「GT-R」vs ホンダ「NSX」
日産「GT-R」vs ホンダ「NSX」

 プラットフォームをはじめ、メカニズム的にもスカイラインとはまったくの別設計です。とはいえ、血筋としてはスカイラインGT-R時代から継承されています。

 一方のNSXは、1990年から2006年まで販売された初代に続く2代目として、2016年にデビュー。ホンダの走りの頂点として君臨し、現行モデルは基本設計や生産をアメリカでおこなっています。

 今回は、そんな両車の違いを比べながら、それぞれのキャラクターを分析していきましょう。

 GT-RとNSXのキャラクターを明確にするうえで、もっともわかりやすいのは両車のポジショニングの違い。

 いずれも卓越した走行性能を持ちますが、NSXがフェラーリやランボルギーニと同じくスーパーカーやスーパースポーツカーにカウントされるのに対して、GT-Rはあくまで乗用車の延長線上にある超高性能グランドツーリングカーと大きな違いがあるのです。

 そのキャラクターの違いを如実に表しているのが、パッケージングです。GT-Rはあくまで乗用車の延長上なのでボディは箱型で、リアシートも備えています。エンジンは一般的な乗用車と同じく車体前部に搭載し、4人が乗れるツーリングカーが根底にあります。

 いっぽうでNSXは平べったく、見るからにスーパーカー然としたスタイル。居住空間の後ろにエンジンを搭載するミッドシップということもあり、リアシートは存在しません。

 パッケージングの違いが大きな差を生んでいるのが、実用性です。GT-Rは後席があるので4人乗車ができるだけでなく、後席を大きな旅行カバンも積める荷物置き場としても使えます。

 そのうえトランクルームも、ゴルフバッグなら2セット、スーツケースであれば特AサイズとCサイズをひとつずつ飲み込む実用的な空間です。

 対するNSXは、後席がないだけでなく、エンジンを車両後方に積む影響でトランクルームも広くありません。2人で2、3泊の旅行にいくくらいの荷物を積める、という程度です。

 機内持ち込みサイズのスーツケースを収めるのも苦労するほどで、ゴルフバッグでいえばよほどコンパクトなものがひとつ入るかどうか、といえるほどの空間なのです。

 ボンネット下にはエンジンがないとはいえ、ポルシェ「911」や「718ケイマン/ボクスター」と違って車両前方の荷室はないので、荷物を積むスペースはかなりコンパクト。しかも、エンジンや排気系の熱の影響などもあって、冬でもかなり熱くなります。

 GT-Rはその気になればファミリーカーとして使えるほど実用性が高く、いっぽうNSXは割り切った荷室スペースといえるでしょう。

オーラが凄い! 日産「GT-R」とホンダ「NSX」を画像でチェック(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 日本を代表する地点では日本で開発、生産等一式やっているGT-Rでしょうね。
    走りの面でもGT-Rでしょ・・。
    今のNC型NSXは開発から生産等一式全て北米主体ですしね。実質アメ車だろうって感じです。でやった結果コレくらいで良いだろうと良くも悪くもアメリカな所出てかつて合った日常での使い勝手の分も走りの分も半端。スポーツ走行するとボロが出るよくで町を流すラジュアリーカーに成り下がった駄目車になってますし。旧型NA型NSXの相場が異常に上がり、かつて新車時よりまたNC型より高い相場で取引される個体が全てを語っていると思いますが