ワゴンブーム再燃あるか? いま買える国産ステーションワゴン3選

ワゴンを求める声はいまなお存在

●スバル レヴォーグ

 スバル「レヴォーグ」は、国内市場向けのモデルとして開発され、2014年に発売されたステーションワゴンです。

スバル レヴォーグ

 同社のステーションワゴンの看板モデルとして知られてきた「レガシィツーリングワゴン」の実質的な後継車ともいえます。

 ボディは全長4690mm×全幅1780mm×全高1495mmと、国内の道路事情でも取り回しやすいサイズに収められました。

 荷室容量は522リッターと大容量で、かつ凹凸の少ないフラットなフロアとなっています。

 またリヤシートはスバル初の4:2:4分割可倒式が採用され、多人数乗車時も長尺物が乗せられるよう設計されました。

 パワートレインは1.6リッター/2リッター直噴ターボエンジンが設定されています。

 ※ ※ ※

 ステーションワゴンは以前よりもメジャーなボディタイプではなくなってしまったものの、現在も一定の需要は保っています。

 セダンに近い着座位置のステーションワゴンでは、背の高いミニバンにはないドライビングプレジャーを味わうことができるからです。

 また、ミニバンのデザインには生活感を感じてしまう、というファミリー層への受け皿として、今後ステーションワゴンに注目が集まる可能性もあります。

 ステーションワゴンがかつてのような盛り上がりを見せるのか、今後注目されます。

【了】

現行モデルから絶版車まで! 国産ステーションワゴンを見る(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ホンダのシャトルはステーションワゴンではないのか?

    • シャトルは、多分、車検の上ではステーションワゴンでしょうけど、ホンダがそのように名付けていない。
      インプレッサを購入した時、車検ではステーションワゴンであったのを見て笑いました。

  2. SUVばかりもてはやされているが、
    普通の(特別高性能ではない)ステーションワゴン
    が少なくなりすぎた。
    レブォーグは高性能でしょうが、ワゴンとしての
    ユーティリティは低く、価格が高い非常に
    中途半端な車になってしまった。
    レガシィが復活して欲しい。
    現在ワゴン車を選ぶとしたら、フィルダーの一択
    か?だが、トヨタは嫌いだから買わない。