打倒ホンダ勢なるか? 背が高い軽自動車の開発が激化する理由とは

軽自動車は、いまや日本の自動車市場に無くてはならない存在です。なかでも、2019年はさまざまなタイプの新型モデルが登場していますが、2年連続で販売台数1位に輝いたホンダ「N-BOX」の牙城を崩すモデルは現れるのでしょうか。

軽自動車の乱、開幕!!

 2019年は「軽自動車の年」といわれ、日産と三菱の共同開発車「デイズ」と「eKワゴン/eKクロス」が登場したほか、ホンダ「N-WGN」やダイハツ「タント」の新型モデルも夏頃の登場が予定されています。

 続々と新型モデルが登場するなかで、軽自動車市場で2年連続の販売台数1位に輝いたホンダ「N-BOX」の牙城を崩すモデルは現れるのでしょうか。

2018年の販売台数で1位のホンダ「N-BOX」と2位スズキ「スペーシア」

 最近の売れ筋軽自動車は、大きくふたつに分けられます。ひとつは、売れ筋モデルのホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」、ダイハツ「タント」といった全高1700mmを超え、後席スライドドアを備えるスーパーハイトワゴンと呼ばれるタイプ。

 もうひとつは、全高1500mmから全高1700mm未満で、後席がヒンジ式ドアのスズキ「ワゴンR」や日産「デイズ」、三菱「eKシリーズ」、ホンダ「N-WGN」といったハイトワゴンです。

 この両者で軽の販売全体の7割を占めていますが、近年の軽自動車におけるトレンドは、新車販売台数1位の「N-BOX」に代表されるスーパーハイトワゴンが売れ筋となっていました。

 ところが、2019年の新型車をみると、その動きが変わってきそうです。日産「デイズ」、三菱「eKシリーズ」、ホンダ「N-WGN」といった『ハイトワゴン』が盛り上がっているようにみえます。なぜ、売れ筋ジャンルのモデルではないのでしょうか。

 トレンド化しているスーパーハイトワゴンについて、大手自動車メーカーの担当者は次のように話しています。

「今、盛り上がりを見せているスーパーハイトワゴンのジャンルはどのメーカーも意識していると思います。そもそもこのジャンルが人気の理由は、軽自動車の特徴でもある日本の道路事情にあったサイズ感や維持費の安さ、そしてミニバンに勝るとも劣らない使い勝手の良さだと思います」

 このように、スーパーハイトワゴンは各社が攻め入りたいジャンルといえ、三菱の益子会長は2019年5月9日の決算説明会にて、スーパーハイトワゴンの「eKスペース」の新型モデルを2019年度後半に発売予定ということを明らかにしています。

 これは、日産「デイズ」と「eKシリーズ」が共同開発という関係性上、日産のスーパーハイトワゴン「デイズ ルークス」の登場も近々、発表される可能性が高いのです。

 前出の担当者は、「スーパーハイトワゴン同様にハイトワゴンも重要な市場です。発売するタイミングはいろいろな事情がありますが、両ジャンルはともに力を入れています」と話します。

軽自動車の人気は止まらない! 背の高い人気モデルの画像を見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント