なぜスバルは青色多い? シビックタイプRは白など車によって定番色がある理由

スバルといえば「青」、スズキ「スイフトスポーツ」といえば「黄色」が定番のボディカラーですが、メーカーや車種によってイメージカラーが存在するのはなぜなのでしょうか。

スバルのイメージカラー「WRブルー」の由来は?

 スポーツカーを中心に「このクルマならこの色」という印象の強い色の組み合わせがあります。その色がイメージカラーとなっているのはなぜなのでしょうか

スバル「サンバー WRブルーリミテッド」

 スバルには「WRブルー」と呼ばれるイメージカラーがあります。現在のラインナップでは、フラッグシップパフォーマンスモデルの「WRX」やトヨタ「86」の兄弟車である「BRZ」、スポーツワゴン「レヴォーグ」の一部グレードに設定されています。

「WRブルー」は、「スバルといえば青」というくらい強いイメージを持ったカラーといえるでしょう。

 イメージカラーについて、スバル広報部は次のようにコメントします。

「正式な記録はないのですが、スバルのロゴマークと関係があると思われます。ロゴマークの六連星(むつらぼし)は地の部分が青、そのなかに6つの星が書かれています。その青がイメージカラーとして定着したようです。

 現行モデルのWRXでは、約30%の人がこの『WRブルー』を選択するほど、人気のボディカラーとなっています」

 スバルのイメージカラーとして青の組み合わせが広まったのは、かつて世界ラリー選手権に参戦したときの「インプレッサWRX」です。「WRブルー」の「WR」とは、ワールドラリー(世界ラリー)の略で、ブルーの車両が世界の頂点を競うのは、見る人に鮮烈なイメージを与えました。

 前出のように、WRブルーはスポーツモデルに設定されることがほとんどですが、かつては「レガシィ」や「フォレスター」の特別仕様車に設定されたり、軽トラック&バンである「サンバー」の最終記念限定車に採用されるなど、スバルにとって特別な色となっています。

 いっぽうで、メーカーというよりも車種限定でイメージカラーがあるのはスズキ「スイフトスポーツ」の黄色です。この黄色のルーツは、スズキのモータースポーツのイメージカラーが由来となっています。

 2000年代前半に、スイフトをベースにしたジュニア世界ラリー選手権の参戦車両が黄色く塗られていたことから、そのイメージや走りのこだわりを市販車に反映。

 2003年に発売された初代「スイフトスポーツ」に専用色として「チャンピオンイエロー」が設定されました。カラー名称からして、モータースポーツとの関連がうかがえます。

 スズキ広報部によると「販売比率は非公表ですが、直近の動向では6色のボディカラーのうちホワイト、シルバーの次にイエローが人気です」とのことです。

ホンダ「タイプR」のチャンピオンシップホワイトはどんな色?画像でチェック(23枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント