• くるまのニュース
  • ライフ
  • なぜ京都・二条城で開催? クルマの美を競う祭典「コンコルソ・デレガンツァ」とはどんなイベント?

なぜ京都・二条城で開催? クルマの美を競う祭典「コンコルソ・デレガンツァ」とはどんなイベント?

2019年4月に京都で行われたヴィンテージカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・京都2019」。世界各国からクラシックカーが集められ、それぞれのクルマの美しさが競われていました。普通のクラシックカーイベントとはひと味違う、その“凄み”に迫りました。

日本から発信! クルマの“美の祭典”が開幕

 2019年4月13日から14日にかけて、ヴィンテージカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・京都2019」が開催されました。場所は京都「元離宮二条城」内の一般非公開エリア「二の丸御殿中庭」。世界遺産でもあるこの場所に、美しいクラシックカーが展示されました。

 このイベントは、集まるクルマのレベルや格式などが、通常のクラシックカーイベントとかなり異なるようです。具体的には、何が違っているのでしょうか。

ランボルギーニ 350GTザガート

 直訳すると「優雅さの競争」を意味する「コンクール・デレガンス」とは、クルマの美しさを競う大会のことです。イタリア語では、このイベント名でもある「コンコルソ・デレガンツァ」となります。

 このイベントの起源は、1930年代にヨーロッパの貴族の遊びとして行われたのが始まりです。お城の庭などを利用して、独自のボディをまとったクルマと、最新のファッションをまとった美しい女性、そして犬を連れて、そのエレガントさを競っていました。

 戦前の多くのクルマはシャシーのみの販売で、各オーナーが職人に依頼してボディを作成していたことから、それぞれのクルマのデザインもより個性的なものでした。

 その当時から今に至るまで続いているもののひとつが、イタリアのコモ湖湖畔にある庭園「ヴィラ・デステ」で開催されている「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」です。途中に休止期間がありましたが、今でも知名度が高く、最も由緒あるコンクールとして知られています。

 また、アメリカに目を向けると、有名なゴルフ場「ペブルビーチゴルフリンクス」の18番ホールで行われる「ペブルビーチコンクール・デレガンス」があります。こちらも最高峰と呼ぶにふさわしいもので、毎年8月になると世界中からこのゴルフコースを目指してセレブリティをはじめ、さまざまな自動車愛好家たちが集まります。

 つまり、アメリカとヨーロッパにはこういった格式あるコンクール・デレガンスが存在するのです。

 一方アジアに目を向けてみると、欧米のようなコンクール・デレガンスは行われていません。日本においても「クラシックカーイベント」と銘打たれたものはあまたあれど、その多くが走行イベントで、クルマの美を競うようなものはほとんどないことが実情なのです。

トヨタ「MR-S」のザガートバージョンも! 豪華なクルマたちを見る(30枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント