新型ジムニーが売れた理由とは!? モデルチェンジが大成功したクルマ5選

各メーカーは売れると確信して、莫大な時間とお金を掛けて新型車を開発します。そして、見事に大ヒットを記録したクルマがいくつも存在しますので、そのなかから5台をピックアップして紹介します。

モデルチェンジで一気にブレイクした5台

 クルマに限らず工業製品は同じ形のまま売れ続けるということは、極めて稀です。

軽自動車という枠に関係なく魅力的なジムニー

 ある程度の期間でモデルチェンジを行ない、低下した商品力をリカバリーします。クルマの場合だと最近は6年から10年でフルモデルチェンジを行なうのが通例です。

 そこで、フルモデルチェンジによって大成功を収めたクルマ5車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「プリウス」

2代目「プリウス」は、ある意味完成形だったのかも

 世界初の量産ハイブリッドとして初代「プリウス」は1997年に発売されました。発売当初は大きな話題となりましたが、1.5リッター車としては同格のクルマよりも50万円ほど高価で(トヨタは赤字覚悟の価格だったといわれている)、燃費が優れていたとしても、大ヒットにはなりませんでした。

 そこで、トヨタは2003年に2代目プリウスを発売。外観は初代の4ドアセダンから5ドアハッチバックとし、ハイブリッドシステムも進化させ、燃費も31km/L(初代最終型)から、35.5km/L(10・15モード)に向上しました。

 2代目プリウスの特長としてモーターだけのEV走行が可能になり、世界初の自動で駐車できる「インテリジェントパーキングアシスト」も装備されました。

 国内の生産台数は4万1938台/年から13万2703台/年と、一気に3倍以上となり、補助金や減税の効果もあり最高で年間50万台以上も売れました。

●スズキ「スペーシア」

デザインの変更で一気にトップセラーの仲間入りを果たした「スペーシア」

 スズキのトールワゴンタイプの軽自動車「スペーシア」は「パレット」の後継車として2013年に発売されました。

 広い室内による使い勝手のよさに加え、最終型ではマイルドハイブリッドを搭載し低燃費化、軽自動車初のステレオカメラを使った先進安全装備「デュアルカメラブレーキサポート」を採用するなど、軽自動車でトップクラスの充実した装備内容となっていました。

 しかし、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」、日産「デイズ」に販売台数で先行され、ランキングでは5位付近で停滞する状況でした。

 そこで、2017年にフルモデルチェンジを行ない、現行モデルの2代目がデビュー。内外装のデザインを一新し、室内の広さも拡大し、居住性と使い勝手をさらに向上させました。

 結果、現在の販売台数は1万8848台(2019年3月)と好調で、N-BOXに続く2位をキープしています。

●日産「ブルーバード」

トヨタ「コロナ」との熾烈な販売合戦をしていた「ブルーバード」

 すでに日産のラインナップからなくなってしまった「ブルーバード」ですが、歴代モデルのなかでも一気に販売台数が低迷した時期があります。

 1963年に発売されたブルーバード(410型)はイタリアのデザイン工房・ピニンファリーナがデザインした欧州調のスタイリングで、当時はまだ少数だったモノコックボディの採用も話題となりました。

 スポーティな「SS」グレードも設定され、アフリカで開催されたサファリラリーでもクラス優秀を遂げるなど、性能は折り紙付きでした。

 しかし、このデザインが大衆には好意的に受け取られず、販売は低迷。ライバルのトヨタ「コロナ」にシェアを奪われます。そこで、当初からグローバルで販売することを想定した新型ブルーバード(510型)へ、1967年にバトンタッチします。

 510型ブルーバードは日本では「ゴーイチマル」、北米では「ファイブテン」の愛称で親しまれ、とくにアメリカでの販売が好調だったため、後の「ダットサン 240Z」販売の礎となったほどです。

 最終的に510型ブルーバードは、グローバルの累計販売台数150万台以上を記録する大ヒットとなりました。

イメチェンが大成功したクルマを画像でチェック(25枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント