新型ジムニーが売れた理由とは!? モデルチェンジが大成功したクルマ5選

新型ジムニーを待っていたのはファンだけじゃなかった!?

●トヨタ「シエンタ」

先代からデザインが大きく変えて成功した「シエンタ」

 初代トヨタ「シエンタ」は非常に珍しい再販措置が取られたクルマです。最初の発売は2003年で、3列シートと両面スライドドアを備えたコンパクトミニバンとして誕生しました。

 子育てママを中心に人気がありましたが、ダイハツのOEM車のパッソセッテ/ブーンルミナスを次期型としたため、シエンタは2010年に販売を終了。

 しかし、パッソセッテ/ブーンルミナスの販売が低迷し、2011年に異例ともいえる再販が決定されました。ただし、すでに商品力は他車と比較しても落ちており、2014年に完全に販売を終了します。

 そして、2015年に全面的に刷新された新型シエンタを発売。ユニークな外観のデザインとカラーリングが採用され、初のハイブリッドもラインナップし、大ヒットを記録。発売最初の1か月で、4万9000台もの受注を獲得します。

 2016年の販売台数は12万5832台で、登録車ではプリウス、アクアに続くランキング3位となり、ミニバントップのセールスとなりました。

●スズキ「ジムニー」

未だに長い納期となるほど人気の新型「ジムニー」

 軽自動車唯一無二のクロスカントリー4WDとして君臨するジムニーは、2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジで、大いに話題となりました。

 先代ジムニーは1998年にデビュー。エンジンやメカニズムは大きな変更はなかったものの、デザインを直線基調から丸みをおびたカタチに大幅に変更して、イメージが一新されました。

 そして、20年の間に何度かのマイナーチェンジと改良が加えられ魅力が維持されていましたが、ファンは新型を待ち望んでいました。

 モーターショーでも次期型が発表されないなか、2018年ついに新型が発売されました。発売直後は待ち望んだジムニーファンが飛びつき、大量のバックオーダーを抱えます。

 増産を発表する前は少なくとも1年、シエラに至っては3年以上という納期となっていました。

 スズキのディーラーによると、こうした状況を生んだ理由は、新型を待っていた生粋のジムニーファンのみならず、初めてジムニーを買うというユーザーも新規で獲得できたこともあるようです。

 ジムニーの秀逸なデザインと本物の悪路走破性は、3ドアで室内も広くなく、燃費もあまりよくないネガティブな部分を払拭するほどの魅力だったということでしょう。

※ ※ ※

 今回取り上げた5車種以外でも、モデルチェンジが大成功したクルマはほかにもあります。

 しかし、モデルチェンジで失敗の烙印が押されることもあります。当然、メーカーは売れると確信して新型車を開発しますが、時代背景や、突然のニーズの変化、流行など、さまざまな要因で明暗が分かれることもあり、新型車開発はそれほどまでに難しいということでしょう。

【了】

イメチェンが大成功したクルマを画像でチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント