RVの三菱が復活か?? SUVを次々投入する理由とは

長き歴史をもつ三菱を振り返る

 三菱は、1970年に三菱重工業から独立し、三菱自動車としての歴史をスタート。その後、「ギャラン」や「ランサー」といったモデルを発表し、『パリ・ダカールラリー(パリダカ)』や『世界ラリー選手権(WRC)』などで活躍を見せ、“ラリーの三菱”といわれるほどのブランド力を築いていきます。

国内市場最後のセダンとなった限定モデル「ランサーエボリューション ファイナルエディション」

 その後、2015年に限定モデル「ランサーエボリューション ファイナルエディション」を最後に日本国内のセダン市場から撤退。

 また、『リコール隠し問題(2000年)』や『燃費不正事件(2016年)』などを経て、2016年にルノー・日産アライアンスに加わります。

 そうしたなかで、新型SUV「エクリプス クロス」やフェイスチェンジが大きな話題となった「デリカ D:5」、度重なる災害時に活躍し、注目を集める「アウトランダーPHEV」など魅力的なモデルに注力したのがいまの三菱です。  

 ビジネスとしては、売れるモデルに注力するのが当たり前ですが、長年三菱車を乗り続けるオーナーからは「セダンとしては、ギャランやランサーのようなモデルが復活してほしいという気持ちがありますね」と話します。

 2019年、春には新型軽自動車の登場も噂されている三菱。今後の動向からも目が離せません。
 
【了】

三菱が誇る往年の名車から新型車までを画像見る(11枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事