メルセデス-AMG「GT」の新型モデル予約開始 レースの技術を投入した限定車も登場

メルセデス-AMG「GT」の新型モデルの予約が開始されました。さらに、レーシングカーの技術をつぎ込んだ20台限定モデルも登場しました。

新型「メルセデス-AMG GT」が登場

 メルセデス・ベンツのハイパフォーマンス部門であるメルセデスAMG社が手掛ける「メルセデス-AMG GT」の新型モデルが、2019年2月14日より予約注文の受付が開始されました。なお、納車は2019年8月以降になる予定です。

メルセデス-AMG GT

 「メルセデス-AMG GT」は、クーペとロードスターの2つのボディタイプをラインナップするスポーツモデルです。

 新型「メルセデス-AMG GT」の外観は、同時に発表された「AMG GT 4ドアクーペ」と同じLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用し、一目でAMG GTファミリーであることがわかるデザインに変更されました。アロー形状のポジショニングライト&ウインカーに3つのリフレクターのハイ&ロービーム全てにLEDを使用することで、明るくクリアな視界を確保します。

 リアのデザインも刷新し、「AMG GT」「AMG GT S」「AMG GT C」にはブラックのディフューザーが装着されています。エグゾーストエンドの形状はモデルにより異なり、円形もしくはスクエア型のデュアルツインエグゾーストエンドが備わります。最上級グレードの「AMG GT R」では、センターバーを備えた大型エグゾーストエンドがリアの中央に配置され、その左右にもブラックのエグゾーストエンドをディフューザー内に2本追加しています。

 内装は、センターコンソールにV8エンジンをモチーフにしたデザインが採用され、各種スイッチやカラーディスプレイボタンが機能的に配置されました。

メルセデス-AMG GT

 最新のデザインを採用したステアリングホイールは、スポーティな印象を与えるともに、正確な操舵を行うためのグリップも実現しました。また、ステアリングホイールの根元には「AMGドライブコントロールスイッチ」が装備され、手を離さずに走行モードなどを変更することができます。

 新型「AMG GT」には、4リッターV8直噴ツインターボエンジン「M178」が搭載されています。最上級モデルの「AMG GT R」では、最高出力585馬力、最大トルク700Nm、0-100/h加速は3.6秒を実現するとともに、最高速度は318km/hに到達するといいます。

 ドライブプログラムの新機能として「AMG DYNAMICS」が装備され、センターコンソールのボタンで様々な状況に最適な制御を選択することができます。

 各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なほか、各モードには自動選択される「ベーシック」「アドバンスト」「プロ」「マスター」の4つのモードがあり、ESPなどの制御が変化します。

 また、ドライブモードとは独立して、マニュアルシフトへの切り替えや、車高およびエグゾーストサウンドの調整などがセンターコンソールの液晶表示ボタンで操作することができます。

 新型「AMG GT」のオプションとして、引き締められたサスペンションや専用セッティングのステアリング、パワートレインとシャーシを一体化するAMGダイナミックエンジントランスミッションマウント、レザーDINAMICAのAMGパフォーマンスステアリングにより、さらに俊敏な走りを実現するAMGダイナミックプラスパッケージが設定されました。

 価格(消費税込)はクーペが1645万円から2382万円、ロードスターが1788万円から2309万円となります。

20台のみの限定モデルも登場

 さらに今回は、最上級モデルの「AMG GT R」をベースとした限定車「AMG GT R PRO」が発売されます。

メルセデス-AMG GT R PRO

 レーシングカーである「AMG GT3」や「AMG GT4」で培った技術が投入され、サスペンションやカーボンファイバーによる軽量構造、エアロダイナミクス、エクステリアなどに手を加えることで、さらにドライビングダイナミクスを向上させました。

 特別感を演出するデカールも施された「AMG GT R PRO」の価格(消費税込)は2900万円で、20台の限定販売となります。

【了】

新型「AMG GT」と「AMG GT R PRO」の画像を見る(21枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事