ハイブリッドはここまで安くなった! 200万円以下のハイブリッド車5選

トヨタが量産世界初のハイブリッド車「プリウス」を発売したのが1997年と、もう20年以上も前になります。この20年間の技術の進歩は目覚ましく、ハイブリッド車の価格もぐっと下がりました。そこで、最新のハイブリッド車のなかから、200万円以下のモデル5台をピックアップして紹介します。

200万円を下回るハイブリッド車5選

 トヨタが量産世界初のハイブリッド車「プリウス」を発売したのが1997年と、もう20年以上も前になります。

「21世紀に間に合いました」でお馴染みの初代「プリウス」発売からもう20年以上

 初代「プリウス」の燃費は28.0km/L(10・15モード)で、価格は215万円でした。当時は燃費も驚くべき値でしたが、モーターとバッテリー、インバーターを搭載しながらこの値段に抑えたことは、他メーカーにとって不可能といえるほどのインパクトがありました。

 そこから20年間の技術の進歩は目覚ましく、28.0km/Lという燃費はJC08モードのガソリン車でも可能となり、装備を充実させながら低価格化も進んでいます。

 そこで、最新のハイブリッド車のなかから、200万円以下(すべて消費税込)のモデル5台をピックアップして紹介します。

●スズキ「クロスビー」176万5800円から

全車マイルドハイブリッドの「クロスビー」

 スズキ「クロスビー」は同社の人気軽自動車「ハスラー」のデザインをモチーフにしたクロスオーバーSUVとして2017年に発売されました。

 グレードは2種類ありますが、どちらも1リッター3気筒ターボエンジンのマイルドハイブリッドとなっています。スズキのマイルドハイブリッドは軽自動車を中心に広く展開していますが、仕組みは普段発電に使用する発電機を、加速時にモーターとして使用し、エンジンをアシストするようになっています。

 モーターのみの走行はできませんが、システムがシンプルで小型・軽量化でき、価格も低くできるメリットがあります。

 燃費はJC08モード(以下同様)で22.0km/L、4WD車で20.6km/Lになります。なお、4WD(HIBRID MX)も200万円を切る190万8360円で販売されています。

2018年ナンバーワン登録車など、いま売れ筋のハイブリッド車を画像でチェック(16枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事