Googleマップのストリートビュー、撮影車が入れない建物内や狭い路地はどうやって撮影している?

Googleマップのストリートビュー画像は、特殊な装備を施した専用車で撮影されています。実際ストリートビューを見ると、クルマが進入できないような狭い路地や建物の中まで見ることができますが、一体どうやって撮影しているのでしょうか?

Googleマップのストリートビュー、狭い道はどうやって撮影している?

 2007年にサービスを開始したGoogleマップの機能“ストリートビュー”では、その名前の示すとおり、路上の写真や世界中のあらゆる場所を、まるで現地にいるかのように眺めることができます。

バンコクで撮影を行うスバル「インプレッサ」をベースにしたGoogle専用車

 これらの画像は、ルーフに360度全方位を写すことが出来るカメラを備えたGoogle専用車で撮影を行っていますが、Googleによると、クルマが侵入することのできない建物の中や狭い道の場合には、撮影場所の条件に合わせた機材を複数使い分けることで対処しているといいます。

ストリートビュー撮影車と撮影画像の処理方法

 2007年にアメリカで稼働を開始した「ストリートビュー撮影車」ですが、2019年1月時点ではストリートビューは全7大陸各地の360°写真を網羅。実際に写真を撮る際には、天候や人口密度などの条件を考慮して、撮影に最適な時間や場所を決めて行うようです。

 この撮影車では地図の正確な位置に画像を表示できるように、GPS装置や速度計、方位計などさまざまな情報をセンサー経由で取得。それらのデータから撮影車のルートを正確に再現し、必要に応じて画像の傾きや配置を調整します。

 360°写真に切れ目ができないように、複数のカメラで撮影範囲が少しずつ重なるように写真を撮影し、その写真を「縫い合わせる」作業を行って1つの 360°画像を作成。「継ぎ目」が目立たないように、特殊な画像処理技術を使ってスムーズな画像を作り出しているそうです。

 また、撮影車から3つのレーザーを照射し、跳ね返ってくる時間を計測することで、ビルや物体までの距離を計算して3Dモデルを作成していますが、Googleマップ上でユーザーが離れた場所に移動すると、この3Dモデルに基づいて最適なパノラマ画像が表示される仕組みとなっています。

 これら画像の処理には数カ月の時間が掛かるため、表示される画像は最新でも数カ月前のものになっている場合が多いようですが、長年に渡って画像が収集されている場所ならば「タイムマシン」機能を使うことで景色の移り変わりを楽しむことが出来ます。

Googleマップ撮影車の画像を見る(5枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事