なぜ4WDシステムはメーカー差が存在? 微妙に違う切替方式や採用背景とは

完全自動制御のメリットとは

 手動切替でなく『2WD⇔4WD』を完全自動制御するモデルも存在。マツダのAWD車(FFベース)は手動切替方式を採用していません。なぜ、同じ4WDシステムなのにシステム性に差があるのでしょうか。

FFベースで「2WD⇔4WD」を自動制御するマツダ「CX-3」

 駆動力の完全自動制御システムを採用している理由について、マツダは次のように話します。

――なぜ、『2WD⇔4WD』を手動切替でなく、自動制御するのでしょうか。

 基本的に、4WDは雨の高速道路や雪の坂道などの場面でも安全に走行できるシステムです。そのため、万が一の「滑る」状況が起きる前にさまざまな制御で、「滑りにくく」させます。

 そのため、人による切替よりも常に自動で制御するほうがあらゆる場面に瞬時に対応できるという考えのもと、マツダの4WD技術「i-ACTIV AWD」を採用しているのです。

 しかし、『2WD⇔4WD』や『4WD⇔強化版4WD』の切替がダメな訳ではありません。積雪地や山間などに住まわれている場合、手動で切替ができる方が運転が楽なこともあります。

 また、昔から「4WD技術」に力を入れているメーカーであれば、その技術とノウハウを活かす方がクルマのキャラクターを際立たせるために必要な要素といえます。

※ ※ ※

 20年振りのフルモデルチェンジで話題となったスズキの新型「ジムニー」やトヨタ「ハイラックス」は、国内の現行ラインナップでは珍しい4WDシステムを採用。

 これは、ほかの4WDシステムと違い通常走行時に4WDに切り替えるとフロントタイヤとリアタイヤの回転差を吸収する機構を備えていないため、4WD時に舗装された道でハンドルを無理に切ると、各パーツを破損させる恐れがあります。

 このようにさまざまな種類が存在する「4WDシステム」。それぞれのメリットやデメリットを知ることで、より快適な運転が可能です。
 
【了】

さまざまな4WD方式を採用例を画像で見る

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事