発売から50年オーバーも!? 隠れたロングセラーなクルマ5選

ロングセラーなクルマといえばトヨタ「クラウン」「カローラ」、日産「スカイライン」、三菱「デリカ」などがあります。一方で、あまり目立たない存在ながら、ほかにも誕生からかなりの年月を経たモデルがあります。そこで、隠れたロングセラーなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

目立たないけどロングセラーなクルマ5選

 世界的にロングセラーなクルマといえば、フォルクスワーゲン「タイプ1(ビートル)」やローバー「ミニ」が有名です。日本ではトヨタ「クラウン」「カローラ」、日産「スカイライン」、三菱「デリカ」(現行はデリカD:5)などです。

これこそ隠れたロングセラーの「バッキー」

 しかし、あまり目立たない存在ながら、ほかにも誕生からかなりの年月を経たモデルがあります。そこで、隠れたロングセラーなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「ミラージュ」

副変速機など凝ったメカを採用した「ミラージュ」

 初代三菱「ミラージュ」の発売は1978年ですから、2018年で誕生から40年となりました。初代「ミラージュ」はホンダ「シビック」などに対抗すべく開発されたコンパクト2BOXタイプのクルマです。

PR三菱 ミラージュの中古車情報はコチラ!

 発売当初のエンジンは直列4気筒の1.2リッターと1.4リッターがあり、当時の時代背景もあり燃費性能を重視して開発されています。

 発売後はラインナップを増やし、スポーティな「1600GT」や、マイナーチェンジで車名を「ミラージュII」に変わり、1.4リッターターボや、日本初となる2気筒の燃焼を休止する「気筒休止」を採用しています。

 現行モデルは6代目で、先代の販売終了から10年ぶりとなる2012年に発売。生産はタイで行なわれ世界に輸出されるグローバルコンパクトカーとなっています。

●トヨタ「ハイラックス」

50年と驚異のロングセラーとなった「ハイラックス」

 トヨタ「ハイラックス」も「ミラージュ」と同様に、日本では一旦販売が終了したモデルです。そして2017年にタイで生産している「ハイラックス」を日本で再販することになりました。

 初代「ハイラックス」は1968年に発売され、2018年でちょうど50周年という大きな節目を迎えました。トヨタが企画し、日野自動車が開発と生産を担当したといいます。

 初代「ハイラックス」は、小型ピックアップのニーズが高いアメリカ市場でも販売され「トヨタ トラック」という名前でした。アメリカでは後に4WD版が大ヒットし、トヨタのピックアップトラックがアメリカでも認められる存在になりました。

 現行モデルは8代目で、日本に導入されたモデルはディーゼルのみです。装備によってふたつのグレードとなっていて、上位グレードでは自動ブレーキなどの先進安全装備も採用されています。

 なお、2018年12月には50周年記念特別仕様車「Z ブラックラリーエディション」が発売されました。

隠れたロングセラーなクルマたちを画像で見る(35枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事