短命には理由がある? フルモデルチェンジなく1代で消えたクルマ5選

今なら当たった!? 若者向けSUV

●ホンダ「エレメント」

斬新なデザインながらも日本では受け入れられなかった「エレメント」

 ホンダ「エレメント」はアメリカで「ジェネレーションY」と言われる、1980年代から1990年代に生まれた人たちをターゲットに、2002年に発売されたSUVです。つまり、20代前半の若者向けのクルマとして企画されました。

 開発、デザイン、生産とすべてアメリカで行なわれ、日本には2003年から輸入が開始されます。ボディサイズは全長4.3m、全幅が1.8m強と、当時の日本のSUVとしては大柄な部類になっていました。

 デザインの特長はボディを一周するように配置された樹脂パネルで、色分けされた2トーンの外観がアクセントになっています。また、ドアはフロントが前側に、リアが後側に開く「観音開き」となって、真ん中にピラーがない構造です。

 テールゲートは上下に開き、下側のゲートはそのままベンチに。アメリカではテールゲートに腰掛け、仲間とワイワイ過ごしているシーンを「テールゲート・パーティ」と呼んでいました。

 アメリカの若者をターゲットとしたデザインや内容は、確かにアメリカでは受け入れられましたが、日本での販売は振るわず、発売から2年ほどで輸入は終了しました。

 ちなみに、アメリカでは2009年にビッグマイナーチェンジが行なわれ、2011年まで販売されましたが、後継車は登場しませんでした。 

※ ※ ※

 今回、紹介した5台のうち「ラシーン」以外はとても短命でした。しかし、どのモデルも明確なコンセプトがあって作られたモデルばかりで、「ソニカ」や「プログレ」は短命の終わったのが非常に惜しいです。

「X-90」については期間もしくは台数限定の限定車なら、良かったのかもしれません。

 1代で消えてしまったクルマはまだまだあります。ぜひ、近いうちにまた紹介してみたいと思っています。

【了】

1代限りで消滅してしまった迷車の画像を見る(23枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー