• くるまのニュース
  • ニュース
  • ホンダが「東京オートサロン2019」出展車両を発表 2種類の新型「シビック タイプR」カスタマイズカーも展示

ホンダが「東京オートサロン2019」出展車両を発表 2種類の新型「シビック タイプR」カスタマイズカーも展示

ホンダは、2019年1月11日から幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展すると発表しました。

東京オートサロン2019にカスタマイズカーやレーシングカーを展示

 ホンダは、2019年1月11日から13日まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2019」に、四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展すると発表しました。

東京オートサロン2019に出展されるMUGEN N-VAN(無限用品装着車)

「東京オートサロン」は毎年1月に開催されるカスタマイズカーの祭典で、チューニングメーカーやショップのほか、国内外の自動車メーカーもブースを出展するなど、アジア最大級との呼び声も高いビッグイベントです。

 今回ホンダは、「東京オートサロン2019」で幅広いラインアップのなかからホンダならではのさまざまな可能性を提案するとともに、クルマを自由にカスタマイズする楽しさや、自由に操るモータースポーツの魅力を伝えるとしてします。

 ホンダブースのコンセプトは「クルマ好きが集う場」となっており、2018年10月25日に発表したスーパースポーツ「NSX」の改良モデル、7月発売の「N-VAN(エヌバン)」のほか、新たに2種類の「シビック タイプR」 など、さまざまなカスタマイズモデルを展示。

 モータースポーツ競技車両は、「FIAフォーミュラ・ワン世界選手権」2018年シーズンに参戦した「Red Bull Toro Rosso Honda」からF1マシン「STR13」、国内レースからは「スーパーGT」シリーズと「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の両シリーズチャンピオンマシンを同時に展示するとしています。

 さらに「FIMロードレース世界選手権」MotoGPクラスを制した「RC213V」と、国内外で活躍する二輪・四輪マシンが勢ぞろいします。

 また、2018年11月15日に発表したドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」プロジェクトについてプロモーションブースを用意し、プロジェクトを通じて制作した「S660(エスロクロクマル)」の「初音ミク」ラッピングカーを展示。試乗コーナーには「osoba」の機能を体験できる車両が展示されます。

 初日となる1月11日10時30分からは、「Honda Racing 2019 キックオフプレゼンテーション」と題し、2019年シリーズにおけるモータースポーツ活動の体制発表を予定しており、執行役員ブランド・コミュニケーション本部長 森山 克英氏、モータースポーツ部部長 山本雅史氏が登壇予定となっています。

【了】

ホンダが東京オートサロン2019に出展する車両を画像でチェック(21枚)

画像ギャラリー

最新記事