メルセデス・ベンツ新型「Aクラス」登場! 歴代モデルのスペックや中古価格を紹介

2018年10月18日に4代目となるメルセデス・ベンツ新型「Aクラス」が発表されました。1997年に初登場して以来、21年の歴史を持つモデルです。歴代AMGや新型セダンモデルなど世代によって進化している「Aクラス」の中古車価格なども紹介します。

5代目となる新型Aクラスが登場

 2018年10月18日に発表された、メルセデス・ベンツ新型「Aクラス」。同社初のFFモデルとして1997年に登場したモデルです。

21年の歴史を持つメルセデス・ベンツ「Aクラス」

 2015年登場の現行モデルではボディも拡大され、一回り大きなサイズへと移行しています。新型では、対話型インフォテインメント・システム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス」(情報を得ることそのものが楽しみとなるようなサービス)をメルセデス・ベンツとして初めて搭載。

PR一番身近なメルセデス!AクラスのU-carを見る

「孫悟空」役でお馴染みの野沢雅子さんや「名探偵コナン」の「江戸川コナン」役を務める高山みなみさん。「ワンピース」のルフィ役の田中真弓さんなど豪華声優陣によるCMも話題となっています。

 また、世界に先駆けてドイツ本国で導入されたセダンモデルの日本導入やAMGモデルの登場も気になるところですが、今回は初代が登場してから21年の歴史を持つ「Aクラス」の歴代を改めて振り返ってみました。

メルセデス・ベンツ初のFFモデル「Aクラス」が1997に登場

 1997年登場の初代モデルは、メルセデス・ベンツが販売する車種のなかで最もサイズが小さく、安価に設定された車体価格により、日本国内でも大きな反響を呼んだ一台です。

 1993年のフランクフルトモーターショーで、「Aクラス」のベースとなったコンセプトモデル「Vision A 93」を発表。将来的には、蓄電池や燃料電池を動力源とした電気自動車用として設計、開発された経緯があるため、フロアが「サンドイッチコンセプト」と称された二階建て構造となっていました。

「Aクラス」のプロトタイプ「Vision A 93」

 結果的には、蓄電池開発の遅れもあり、このプロジェクトは実現されませんでしたが、2004年末以降、ドイツ、米国、日本、シンガポールなどに「Aクラス」がベースの燃料自動車「F-Cell」が60台ほど納入されています。

 また、初代モデルでは1.6リッター直列4気筒エンジン搭載の「A160」を筆頭に、1.9リッターエンジン搭載の「A190アバンギャルド」など、合計4つのクラスと期間限定車をラインナップしていました。新車時には、265万円した初代「Aクラス」も、現在の中古車市場では平均20万円となり、程度のいい車体を見つけるのも非常に困難です。

初代からキープ・コンセプトされた2代目は2004年に欧州登場

 発売からすぐに、障害物緊急回避テストで転倒の可能性も指摘された初代モデルに代わり、2004年に欧州で登場した2代目は、サスペンションやトランスミッション、パワーステアリングなどのメカニズムを大幅に変更しています。

2004年登場の2代目「Aクラス」

 減衰力を機械的に自動的調整するフロントサスペンションの採用や、パワーステアリングの電動化により、乗り心地や操作性が大きく改善されました。

 日本では、2005年2月に1.7リッター直列4気筒エンジン搭載の「A170」や、2リッターエンジンの「A200」が発売され、後にターボ付きの「A200ターボ・アバンギャルド」を追加。

 2代目「Aクラス」の新車価格は、225万円からとなっていました。現在の中古相場では、40万円台から50万円が平均価格になっています。

21年の歴史を誇る「Aクラス」の画像を見る(20枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事