後半戦ドゥカティ優位が明確に 得意のレッドブル・リンクで3年連続勝利

MotoGP第11戦オーストリアGPでドゥカティ・チームは、相性のよいレッドブル・リンクで3年連続勝利を目指し好調を維持。二人のライダーは、フロントローから戦いに挑みました。

マルケス善戦もドゥカティの強さが明確に

 MotoGP第11戦のオーストリアGPがレッドブル・リンクで開催され、ドゥカティ・チームのJ・ロレンソ選手が今シーズン3勝目を飾りました。

終盤まで激しいバトルが繰り返された

 前戦今シーズン最低リザルトの3位だったRepsol Honda TeamのM・マルケス選手とドゥカティ・チームの戦いが印象深いレース展開となりました。18周目までトップを快走するM・マルケス選手をJ・ロレンソ選手とA.・ドヴィツィオーゾ選手が追う展開となりましたが、19周目にM・マルケス選手をJ・ロレンソ選手がパスし、最終ラップまで激しいバトルを繰り広げました。

 最終ラップ、激しいバトルにも終止符が打たれます。僅か0.130秒差でJ・ロレンソ選手がM・マルケス選手をかわしチェッカーを受け勝利し、ドゥカティ・チームはレッドブル・リンクで3年連続勝利に加え、前戦のチェコGPに続き2連勝を飾りました。

 ホンダへの移籍が決まった後のJ・ロレンソ選手の強さは、ドゥカティ・チームとして複雑な心境かもしれません。

ポイントランキング総合2位を死守したV・ロッシ選手

 このレースMovistar Yamaha MotoGPのV・ロッシ選手は予選14番手と後方からの追い上げでしたが、ベテランらしく最終的には6位まで順位をあげポイントランキング総合2位を死守しています。

MotoGP第11戦オーストリアGPの写真ギャラリーを見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事