FF車世界最速のホンダ「シビック タイプR」 心揺さぶられる赤バッジを改めて試乗で確認

現代的に味付けされた「シビック タイプR」は、2017年4月に世界一過激なサーキットとされているニュルブルクリンクで「7分23秒8」というタイムを記録しています。走り好きに受け入れられるクルマなのか改めて確認しました。

過激な乗り味ではない世界最速FFモデル

 シビックタイプRの試乗と聞いて、そわそわと興奮するのだから僕(木下隆之)はまだ衰えていなようです。いや、むしろかつてのタイプR神話の数々を知るからこその興奮なのか、そのあたりは曖昧ですけれど、赤バッジのタイプRが古今東西、走り好きの琴線をブルブルと振るわせるのは間違いがなさそうです。

ホンダ「シビック タイプR」

 新型シビックタイプRは、外観の印象が物語るように攻撃的な性格の持ち主です。世界一過激なサーキットとされているニュルブルクリンクで「7分23秒8」というタイムを記録したことで世界をアッと言わせたのです。

PRホンダ シビックタイプRの中古車一覧はコチラ

 ニュルブルクリンクはドイツの片田舎にあるサーキットです。タイム計測が行われたのは1周20.8kmで、コース幅は狭く路面は荒れており、アップダウンも激しく、「カーブレイクコース」といった異名が与えられているほど、クルマにとって難所なのです。

 そんなコースですから、世界の走り自慢のマシンが集結し、タイム合戦が繰り広げられるわけで、ニュルブルクリンクのタイムが運動性能を表す指標にもなっているのです。そこでシビックタイプRが前輪駆動車として世界最速タイムを記録したわけですから、速いことに異論はありません。

 搭載するエンジンは2リッターターボであり、最高出力320馬力、最大トルク40.8kg-mを炸裂させます。組み合わされるミッションは、6速MT。そんな攻撃的なパワートレーンが、ワイドトレッドかつロングホイールベースのボディに詰め込まれているのです。リアサスペンションはマルチリング式とよばれる複雑で高性能な形式が採用されています。つまり、驚くほどパワーがあり、腰を抜かすほどコーナリングが安定しているというわけです。

 エンジンは、いまどき珍しいほど吹け上がりがよく、7000rpmという高回転域までバチンと弾けます。しかも、地を這うかのような低いドライビング感覚なのです。FF(フロントエンジン・フロントドライブ)世界最速記録を叩き出したことは当然の結果かもしれません。

扱いやすい6速マニュアルミッション(ドライバー:木下隆之)

 ただし、そんな武勇伝から想像するほど、走り味は激辛ではありません。エンジンは低回転からトルクフルですので、エンストの心配をするほど神経質ではありません。マニュアルミッションですから、二の足を踏む人もいるかもしれませんが、そんな心配は無用です。

 ちなみに、変速時のヒール&トーを代行してくれる「レブマッチシステム」が備わっています。減速時に空吹かしでエンジン回転を合わせるのがスポーツドライビングでは要求されますが、このシビックタイプRならその必要はありません。システムがプロドライバー並みに完璧な操作をしてくれました。

FF車世界最速のシビック タイプRを写真でチェック(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事