日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり

記事ページへ戻る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. これがR36なのか!!
    R35にしか見えんけど・・・

  2. フロントビューだんだん変になってきた。?そしてこの価格設定によって、一台当たりの利益は相当あるのですかね?庶民には、とてもじゃないが手が出ない。でもその価値は、日産の存在価値につながっているはずですね。これから先、あの悪夢にような経営スタイルにならないよう、十分に気を付けてください。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー