クルマの自動運転と「運転の楽しさ」は両立するか マツダが出したひとつの答えとは(写真11枚)

「i-ACTIVSENSE」にて使用されるセンサー類(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
「i-ACTIVSENSE」にて使用されるセンサー類(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
安全取材会にて体験できた「i-ACTIVSENSE」の各種機能(画像:マツダ)。
駐車場からバックで出る際などに、接近する車両を検知し警告してくれる「リア・クロス・トラフィック・アラート」の様子(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
駐車場からバックで出る際などに、接近する車両を検知し警告してくれる「リア・クロス・トラフィック・アラート」の様子(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
マツダの松本浩幸 執行役員 車両開発本部長(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
マツダの松本浩幸 執行役員 車両開発本部長(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
高齢者疑似体験セットについて。膝が回らないことでペダルを踏み間違いかねない(画像:マツダ)。
高齢者疑似体験セットについて。膝が回らないことでペダルを踏み間違いかねない(画像:マツダ)。
ペダルレイアウトの新旧比較。右上のタイヤ位置がひとつのポイント。
ペダルレイアウトの新旧比較。右上のタイヤ位置がひとつのポイント。
高齢者疑似体験セット一式。高齢者が杖を必要とするのがよくわかる。
高齢者疑似体験セット一式。高齢者が杖を必要とするのがよくわかる。
衝突被害軽減ブレーキなど「i-ACTIVSENSE」の体験も実施された(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。
衝突被害軽減ブレーキなど「i-ACTIVSENSE」の体験も実施された(2017年4月9日、乗りものニュース編集部撮影)。

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事