ホンダ「クロスカブ110」がモデルチェンジ 環境規制に適合しつつレジャー要素がさらにアップ、とにかく楽しい夢広がるバイクだった!?

シート高784mmのホンダ「クロスカブ110」(2022年型)と筆者(松井勉/身長183cm)
最新の排出ガス規制に対応した新エンジンは、排気量109ccの空冷4ストロークOHC単気筒。シフトチェンジはスーパーカブ同様シーソーペダルを踏む方式。停車時のみロータリー式となる4段リターン式で左手のクラッチ操作は不要
前後ホイールはワイヤースポークからマットブラックカラーのキャストホイールに変更され、チューブレスのセミブロックタイヤを履く。前輪ディスクブレーキを標準装備し、フロントのみに作用するABSを採用。フロントフェンダー後端のマッドガードが水や泥はね、飛び石などを防ぐ
やや低い位置に配置された丸型ヘッドライトはLEDを採用。見た目にもタフな印象となるクロスカブ専用のヘッドライトガードを標準装備
ピッチの狭いコイルスプリングがむき出しとなる2本のリアサスペンション
後方へ真っ直ぐ伸びる細長いサイレンサーにはスリット入りのヒートガードが装着される
スイングアームには角断面パイプを採用。ドライブチェーンを覆うケースもホイール同様マットブラックカラーで足元を引き締まった印象に。リアフェンダー後端にマッドガードを標準装備
エンジン始動はセルスターター式とキック式を備える
快適な座り心地のシートを前方へ跳ね上げると容量4.1リットルの燃料タンク給油口へアクセスする
光沢のあるブラック塗装のリアキャリアは「スーパーカブ110」と同様。別売りの「ピリオンシート」を装着すれば2人乗りも快適に
光沢のあるブラック塗装のリアキャリアは「スーパーカブ110」と同様。別売りの「ピリオンシート」を装着すれば2人乗りも快適に
「スーパーカブ110」(右)のレッグシールドを取り払った「ハンターカブ110」(左)。ヘッドライトの位置やハンドルバー、クロスカブ専用装備などビジネスモデルからレジャーモデルへと見事に転身したスタイルに
ホンダ「クロスカブ110」(2022年型)に試乗する筆者(松井勉)
2022年型でモデルチェンジし、2022年4月14日に発売されたホンダ「クロスカブ110」カラー:マットアーマードグリーンメタリック
黒い文字盤の指針式スピードメーターの下には液晶ディスプレイが追加され、ギアポジションや時計、平均燃費などを表示
砂利道に入ると、ついはしゃぎたくなる楽しさ

記事ページへ戻る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. いつか欲しいバイクのひとつ。いまは置く所が無いので。それまでガソリン車が残っていて欲しい。