行き着く先にあるパラツインロードスポーツ ホンダ「HAWK 11(ホークイレブン)」

ホンダ新型「HAWK 11」と筆者(青木タカオ)
身長175cmの筆者(青木タカオ)がシート高820mmの車体にまたがった状態。両足を地面に下ろすとかかとが少し浮く
一体成型にこだわり、FRP製を採用したロケットカウル。バックミラーの取り付け位置、固定は秀逸の一言。燃料タンク容量は14リットル
ハンドルはセパレートタイプを採用。スポーティな前傾姿勢になるがスーパースポーツモデルほどではなくリラックスできるもの。独自デザインのバックミラーは少ない視線移動で後方確認が可能
メーターは丸型で回転計と速度計を大きく表示するパネルには反転液晶を採用。ETC2.0標準装備
前後一体型のシートを外した状態。ETC2.0車載器が標準装備される
リアカウルも一体成型にこだわったFRP製
排気量1082ccの水冷OHC4バルブ直列2気筒エンジンを搭載。ホンダ「CRF1100L アフリカツイン」由来で「レブル1100」や「NT1100」と同様だが、DCT仕様はなく6速マニュアルトランスミッションのみ
ヘッドライトやテールランプ、ウインカーなど灯火類はすべてLEDを採用(写真はハイビームを点灯した状態)
ヘッドライトやテールランプ、ウインカーなど灯火類はすべてLEDを採用(写真はブレーキ/ハザードランプが点灯した状態)
ホンダ新型「HAWK 11」(2022年9月29日発売)
ホンダ新型「HAWK 11」(2022年9月29日発売)
ホンダ新型「HAWK 11」(2022年9月29日発売)
ホンダ新型「HAWK 11(ホークイレブン)」に試乗する筆者(青木タカオ)
身長175cmの筆者(青木タカオ)がシート高820mmの車体にまたがった状態。片足ではかかとまで地面にしっかり届く
存在感ある一体成型FRP製のロケットカウルはカタチだけのものではなく、高速道路では上半身へ当たる走行風を軽減してくれる
エンジン特性と車体ディメンション、窮屈にならない前傾のライディングポジションにより、コーナーを駆け抜けるたびに歓びを感じる

記事ページへ戻る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント