なぜ今なお人気!? 登場から40年以上 メルセデス「Gクラス」の唯一無二の魅力とは

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の走り
メルセデス・ベンツ「Gクラス」のインテリア
メルセデス・ベンツ「Gクラス」
メルセデス・ベンツ「Gクラス」の走り
メルセデス・ベンツ「Gクラス」の走り
メルセデス・ベンツ「Gクラス」。スクエアなボディは誰が見てもひと目でGクラスとわかるデザインだ
メルセデス・ベンツ「Gクラス」の走り
メルセデス・ベンツ「Gクラス」の走り
メルセデス・ベンツ「Gクラス」のインパネ
メルセデス・ベンツ「Gクラス」の走り
Gクラス30周年を記念して2009年に登場した、軍用モデル「W461型」を民生向けにした「G208CDI Edition 30PUR」
Gクラス30周年を記念して2009年に登場した、軍用モデル「W461型」を民生向けにした「G208CDI Edition 30PUR」
2020年12月4日、累計生産台数が40万台に達したメルセデス・ベンツ「Gクラス」
新型ポペモービル。カトリック教会の元首が晴天時の使用のために要求したもので、「G 500」をベースに開発したものだ。折りたたみ式のフロントガラスと手すりが装備されており、バチカンの神秘的な白の仕上げで塗装されている
メルセデス・ベンツ230G「ポペモービル」。1980年、教皇ヨハネ・パウロ2世のドイツ訪問を記念して製作された車両。透明ドームは取り外し可能。装着しても教皇の視界を遮ることはなく、風雨から教皇を保護する
1992年式「W461型」Gクラス
6輪駆動のメルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」。日本でも2014年4月に登場、5台限定で8000万円だった
6輪駆動のメルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」。日本でも2014年4月に登場、5台限定で8000万円だった
メルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」のエンブレム
6輪駆動のメルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」。日本でも2014年4月に登場、5台限定で8000万円だった
6輪駆動のメルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」。日本でも2014年4月に登場、5台限定で8000万円だった
6輪駆動のメルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」。日本でも2014年4月に登場、5台限定で8000万円だった
6輪駆動のメルセデス・ベンツ「G63AMG 6×6」のインパネ
Gクラスのフラッグシップモデル「G500 4×4スクエアード」
Gクラスのフラッグシップモデル「G500 4×4スクエアード」
Gクラスのフラッグシップモデル「G500 4×4スクエアード」
Gクラスのフラッグシップモデル「G500 4×4スクエアード」
Gクラスのフラッグシップモデル「G500 4×4スクエアード」
Gクラスのフラッグシップモデル「G500 4×4スクエアード」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント