【試乗】新型「ディフェンダー」のシースルーで見えちゃう効果は凄かった!

水平基調のダッシュボードは、ギア感あふれるデザインだ
「ディフェンダー」のフロントシート
「ディフェンダー」のセカンドシート
「ディフェンダー」のサードシート
サードシートを使用する際は160リッターの積載量となる
サードシートを使用しない場合の最大積載容量は、743リッターから857リッターとなる
セカンドシートは4:2:4の可倒分割式
セカンドシート以降をすべて倒した場合の最大積載容量は、1826リッターから1946リッター
300psを発揮する1997cc直列4気筒DOHCターボチャージャー
テレインレスポンス2には、7種類のモード(コンフォート/草・砂利・雪/泥地/砂地/エコ/ロック/ウェイド)がある
「草・砂利・雪」モードを選択して、オフロードコースにチャレンジした
急斜面の先の地面の様子は、「ClearSightグラウンドビュー」で確認する
「オールテレインプログレスコントロール(ATPC)」というオプション装備は、1.8km/hから30km/hの範囲で速度を一定に維持することができる
「ClearSightグラウンドビュー」は、悪路はもちろんのこと、駐車場などでも役に立ちそうだ
「ディフェンダー110」のミラー展開時の全幅は2105mm
「ディフェンダー110」の全長は5018mm(スペアタイヤ含む)
「ディフェンダー110」の全高は1967mm(ルーフアンテナ装着時)
アドベンチャーパックを装備した「ディフェンダー110」
アドベンチャーパックを装備した「ディフェンダー110」
ランドローバー「ディフェンダー」には、そこが道である限り、走破できないオフロードはないといっていいだろう
オフロードで威力を発揮する「ClearSightグラウンドビュー」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント