ETC車載器10年以上使用は要注意! 2022年12月で使用NGになる対象機種の判別方法とは

車載器管理番号で確認する方法(資料:国土交通省)
取扱説明書・保証書での確認(資料:国土交通省)
申込書や証明書、本体による確認(資料:国土交通省)
ETC車載器の新旧対応の区別/ETC2.0・ETC-DSRC車載器の新旧対応の区別(資料:国土交通省)
ETC2.0は、円滑な交通社会を加速させるか?
さまざまな活用方法が考えられるETC2.0
ETCカードの入れ忘れは起こりがちなトラブル
ETC専用レーンも多くなっている
開閉バーが開かないトラブルも
ETCが使えなくなるかも? 2022年&2030年問題とは?

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 電波規格変更で使えなくなるのはいいけど
    携帯みたく通信速度とペイできる訳でもないから、機器交換補助出すべきよな……

  2. 最近は誰も記事をチェックしてないのか、誤字脱字が多すぎる。

  3. 「使用出来ない」とはETCのゲートを通過できないのか、通れるが電波法違反でダメということか?
    「19桁の識別番号」からも判別できないものをETCのゲートは判別できるのか?
    具体的に読者が知りたいことをはっきり書けよ。
    車古いけどETCだけ取り替えたひとだけ損をすることがありませんように。

    • 新スプリアス規格については、簡単に言うと隣の周波数の電波に干渉しない様に綺麗な電波をだしてねーと言うものなので、ぶっちゃけそのまま使えます。
      使えますが、電波法違反になる可能性があるので自己責任でお願いします。

    • ETCの取り換えの費用負担はして下さらないと困ります!

  4. そこまで厳密に運用する必要があるのか、疑問。ETCからの漏れ電波がどれほどの障害になるのか。
    旧規格に適合していれば使い続けられる、でも実害はないと思う。
    ETCよりも強力な電磁波発生源(電波を積極的に使わないのでアプリアス規制外)は多いだろう。