避けたい駐車場でのプチ事故! 車両感覚を運転初心者が掴む方法とは?

車両感覚が掴めていないとクルマを傷つけてしまう恐れもある
クルマの車両感覚を掴むことは運転初心者にとっては難しい場合も
運転初心者は、運転になれた人に協力を仰ぐのもあり
狭い駐車場はプチ事故が起きやすい
狭い駐車場はプチ事故が起きやすい
狭い駐車場はプチ事故が起きやすい
心に余裕を持って、落ち着いた運転操作をすることが重要
車両感覚が掴めていないとクルマを傷つけてしまう恐れもある
車両感覚を掴めていないとクルマを傷つける場合も
車両感覚を適切に掴むためには?

記事ページへ戻る

【格安航空券・最大88%オフ!】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 山門幅の最狭部(車でいえばタイヤ外縁間)1900ミリという寺の住職なので、狭い場所への出入りについて観察する機会が多い。

    5ナンバー車(ドアミラー展開時でも左右とも3センチの余裕あり)を運転するタクシードライバーも山門を通過することができなかったりするが、どうも運転席側の窓を開けてタイヤ(車端)を直接に見ることすら怠る運転手の場合が通過できないようである。

    駐車場の空間認知もモニタだけで行なうのではなく、直接に目視をしたり下車してスペースの確認を行なうことが重要と考える。

×