ダイハツとトヨタの歴史は繰り返す? 新型ロッキー&ライズに見る小型4WDの変遷とは

記事ページへ戻る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. F70型のラガーはブリザードより排気量の大きなDL型( OHV)を搭載していて2L-TE型のブリザードより走りは断然上でしたね
    しかしオモチャのロッキーとラガーを重ねるのはラガーに失礼だろ(о´∀`о)
    ブリザードにラガーは走る目的を持って出した車だが今回のロッキーなんてのは肥大しすぎたラブ4のガス抜き程度に時を見計らって出した動機が不順な車で比較するのはおかしいだろ

    • >しかしオモチャのロッキーとラガーを重ねるのはラガーに失礼だろ

       御意。
       タフト~ラガー~ロッキーは、ラダーフレーム式の本格派オフローダー。

       ロッキーは5ナンバーサイズでなければ何の意味も持たない、モノコック式のCUV。しかもスタンバイ式4輪駆動。
       テリオスはタフトとロッキーの中間的な存在。モノコック式だったが、デフロック付きの歯車式センターデフを採用して、良心を辛うじて保っていた。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー