平成初期は当たり年! みんなが憧れた往年のスポーツカー5選

国産初のスーパーカーだった「NSX」は世界中に影響を与えた
ホンダ「NSX」
ホンダ「NSX」のインパネ
ホンダ「NSX」の内装
見た目も中身も三菱渾身の作だった「GTO」
三菱「GTO」
三菱「GTO」のインパネ
三菱「GTO」の内装
走りか見た目か、「スカイラインGT-R」と人気を二分した「フェアレディZ」
日産「フェアレディZ」
日産「フェアレディZ」のインパネ
日産「フェアレディZ コンバーチブル」
ハイクオリティなスポーツカーとして日米でヒットした「スープラ」
トヨタ「スープラ」
トヨタ「スープラ」のインパネ
トヨタ「スープラ」の内装
売れ筋だった「スープラ 2.0GTツインターボ」
ロータリーエンジンを搭載するピュアスポーツ「サバンナRX-7」
マツダ「サバンナRX-7」のインパネ
マツダ「サバンナRX-7」の内装
廉価グレードの「サバンナRX-7 GT」
中間グレードの「サバンナRX-7 GTX」
シリーズで唯一のオープンカー「サバンナRX-7 カブリオレ」」
2シーターの限定車「サバンナRX-7 ∞」
平成初期はスポーツカーが百花繚乱の時代(画像は三菱「GTO」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事