TOYO TIRESのSUV専用「プロクセスCL1 SUV」ってどんなタイヤ? 履き替えるとどうなるの?【PR】

2020年12月に発表、この1月から国内で発売した新しいSUV専用タイヤが、TOYO TIRESの「PROXES CL1 SUV(プロクセスCL1 SUV)」です。16インチから20インチ、全20サイズを用意し、ラベリングは全サイズ「A-b」と、低燃費タイヤとなっています。そんな最新タイヤはどんな特徴があるのでしょうか。アウディのコンパクトSUV「Q3スポーツバック」に装着し、一般道から高速道路、ワインディングロードを走ってみました。

SUV専用に開発された 静かな低燃費タイヤ

 SUV市場が活気づいています。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した2020年度(2020年4月から2021年3月)の乗用車ブランド通称名別順位を見てみると、2位のトヨタ「ライズ」を筆頭に、7位のトヨタ「ハリアー」、14位のトヨタ「RAV4」、など、SUVが上位にランクインしているのがわかります。

この1月に日本市場で発売されたTOYO TIRESの「PROXES CL1 SUV(プロクセスCL1 SUV)」。16インチから20インチ、全20サイズを用意

 国内新車販売台数をみると、2016年はSUVのシェアが7.5%だったのに対し、2019年では9.9%と拡大傾向が続いています。

 これは日本だけでなく、世界的な流行ともいえます。コンパクトクラスから超高級ラグジュアリーまで、SUVの新車ラッシュが続いています。さらにガソリン車やディーゼル車だけでなく、ハイブリッド(HEV)、プラグインハイブリッド(PHEV)、そして電気自動車(EV)のSUVも続々と登場しています。ポストミニバンとして、これからもSUVのシェアは伸びていきそうです。

 SUVというとアウトドア派で、オフロードや雪道にも強そうなイメージがありますが、最近のSUVが新車装着しているタイヤはM+Sではなく、通常のサマータイヤがほとんどです。つまりSUVは、セダンやミニバンがそうであったように、日常の足として使われています。

 そんななか、市場ニーズに応えるのが得意なTOYOTIRESから、新しいSUV用タイヤ「プロクセスCL1 SUV」が誕生しました。

アウディのコンパクトSUV「Q3スポーツバック」に装着し、一般道から高速道路、ワインディングロードを走ってみた

 静粛性能、摩耗性能、環境性能、デザイン性という4つが、プロクセスCL1 SUVの開発ポイントです。SUVでも街乗りがメインになると静粛性を重視しなくてはならないし、パワートレインからの音が聞こえにくいHEV、PHEV、EVでも気にならないタイヤの静かさを追求しています。

 HEV、PHEV、EV、CDV(クリーンディーゼル車)など、車両重量が増えることに対応した摩耗性能の対策、電気モーターの大トルクでの発進にも摩耗性能のケアをしています。また転がり抵抗軽減とウエット性能を両立させて、タイヤ・グレーディングを維持するなど、安心、安全と環境性能にも配慮しています。

 またサイドウオールに凹文字でTOYO TIRESのロゴを採用するなど、デザイン性を重視したものになっています。

 先代の「プロクセスCF2 SUV」と比較すると、静粛性能と摩耗性能が向上し、全サイズで転がり抵抗性能は「A」、ウエットグリップ性能「b」と環境性能を維持し、静粛性を考慮したトレッドパターンデザインになっていると謳われています。

TOYO TIRES「プロクセスCL1 SUV」のトレッドパターン。写真の左側がアウト側で、右側がイン側になる [画像クリックして拡大]

 トレッドパターンを詳しく見てみましょう。

 左右非対称の4本グルーブ(小さなサイズは3本グルーブ)でブロックが縦につながったリブを基調としたデザインは、見るからにパターンノイズが小さそうです。

 イン側は横方向のサイプを多めにして打音を減らし、静粛性向上と同時に排水性と乗り心地を確保、アウト側では大きなブロックでグリップアップを狙っています。

 操縦安定性向上と偏摩耗抑制にブロックの角を面取りするように、ところどころ斜めにカットした「ダイナミックテーパー」が洗練されたイメージをつくっています。イン側とアウト側のショルダーブロックに採用された、偏摩耗抑制とグリップアップを狙ったような「3Dマルチサイプ」もユニークです。

 接地圧力が均一になるようにする「バレルルーフリブ」も、目立たないですが凝ったデザインです。接地するリブの面を少し山型にすることで、リブ全体の圧力分布が均一になるようにできています。

「ダイナミックテーパー」リブ端部を面取りすることで、路面接地時の変形を抑制し、摩耗性能と操縦安定性を向上に寄与する [画像クリックして拡大]
「バレルルーフリブ」リブ断面を少し山型にすることで、リブ全体の圧力分布を均一にし、操縦安定性能の向上に効果を発揮 [画像クリックして拡大]

 イン側とアウト側でパターンのピッチ数を変えることにより、パターンノイズのピークを抑えホワイトノイズ化することで静粛性を向上させています。

 このようにして新しいプロクセスCL1 SUVは、先代のプロクセスCF2 SUVに比べて22%もパターンノイズを低減しているとのことです。

» 最新SUV専用低燃費タイヤ「プロクセスCL1 SUV」登場! 詳しくはこちらから

TOYO TIRESの最新SUV専用低燃費タイヤ! 「プロクセスCL1 SUV」を画像でチェック

画像ギャラリー

1 2

最新記事