シフトレバーの「O/D」ボタン、なぜ消えた? そもそもどんな意味があるのか

AT車のシフトレバーには「O/D」、つまりオーバードライブスイッチがありましたが、近年、このスイッチがない車種が増えています。そもそもどのような役割があるのでしょうか。

ゆるやかな長い下り坂では「O/D」をオフに

 AT車のシフトレバーには押しボタンがついていることがあります。押すと、インパネに「O/D OFF」、車種によっては「Sports」などと表示されるものです。

シフトレバーにあるオーバードライブスイッチの例。

 これはいわゆるオーバードライブスイッチのこと。巡航時に使用される最高速のギア(たとえば5速ATであれば5速)をオーバードライブギアといいますが、ボタンを押すことでこれをオフにする、つまり5速であれば自動的に4速に落とし、1速から4速までの低いギアを使って走行します。

 オーバードライブは、燃費をよくするうえでメリットが大きく、通常はこれをオフにしない状態で走りますが、下り坂でエンジンブレーキを効かせたい場合や、上り坂で変速回数が少ないなめらかな走行をしたいときなどにスイッチをオフにします。ゆるやかな長い下り坂ではオーバードライブをオフ、急な下り坂ではセカンド(2速)あるいはロー(1速)に落とすといった使い分けをしている人もいるかもしれません。

 このようにATの動きをコントロールするための「O/D」ボタンが、近年、数を減らしています。たとえばダイハツはほとんどの車種でこのスイッチがないとのことですが、なぜでしょうか。

「O/D」スイッチ不要になったオートマMTのシフトレバーなど写真で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事