ドゥカティでの初優勝から数日でJ・ロレンソ選手がホンダへの電撃移籍を発表!

HRCは、MotoGPで3度世界タイトルを獲得しているJ・ロレンソ選手と2019年から2年契約を交わしたと発表しました。2019年シーズンは、M・マルケス選手とチームメイトとなる。

レプソル・ホンダ・チームのJ・ロレンソ選手誕生

 ホンダ・レーシング(HRC)は、FIMロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦するJ・ロレンソ選手(31歳 スペイン)と2019年からの2年契約に基本合意し、ワークスチームライダーとして「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」から参戦することを発表しました。

ドゥカティで初勝利を掴んだJ・ロレンソ選手だったが

 ホルヘ・ロレンソ選手は、2008年にMotoGPクラスにステップアップし、その後、2010年、2012年、2015年とヤマハで3度のワールドチャンピオンとなるなど、輝かしい成績を残してきました。

 2019年MotoGPシーズンは、M・マルケス選手のチームメイトとしてJ・ロレンソ選手は、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)の一員となります。

 2017年にDucati Teamへ移籍し、先日行われたMotoGP第6戦イタリアGPにてドゥカティ移籍後初優勝を飾っています。

 J・ロレンソ選手が抜けるDucati Teamの後任には、ドゥカティのサテライトチームのAlma Pramac Racing(アルマ プラマック レーシング)でMotoGPに現在参戦中のD・ペトルッチ選手が抜擢されるようです。

 2019年のワークスチーム(HRC)の体制については、改めて発表されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事