ホンダが「ジェイド」に2列追加、ミニバン(3列シート)の殻を破った新型ジェイドとは?

ホンダのジェイドが大幅なマイナーチェンジしました。注目の変更は2点あります。ラインナップの変更と2列シート車の追加です。ジェイドがミニバン(3列シート車)の殻を破り、スポーツワゴンというキャラクターに変化する意図は何なのでしょうか。

新型「ジェイド」HVも加わった「RS」は2列シーター5人乗りへ

 ホンダのジェイドが大幅なマイナーチェンジしました。注目の変更は2点あります。ラインナップの変更と2列シート車の追加です。ジェイドがミニバン(3列シート車)の殻を破り、スポーツワゴンに変化させた理由は何でしょうか。

2列シートに生まれ変わった、ホンダ「ジェイド RS」

 まずはラインナップの変更ですが、従来はガソリン(1.5リッターターボ)車だけに限られていたスポーティグレードの「RS」をハイブリッドにも設定。また従来ハイブリッドのみだった標準仕様はガソリン車でも選べるようになりました。

 それに伴い、これまでは253万円からで「高い」という声があったボトムグレードの価格は239万8680円からと若干とはいえ手が届きやすくなっています。

 もうひとつの大きなトピックは、2列シート車の追加です。「RS」は2列シートのみ、「X」は3列シートのみとなります。ジェイドはこれまで3列シート車しかありませんでした。スポーティグレード「RS」が2列専用モデルとして生まれ変わったことは、ジェイドがミニバン(3列シート車)の殻を破り、スポーツワゴンというキャラクターに変化したことを意味しています。

 ホンダ広報部に2列シート車追加の理由を聞いてみると、「ジェイドは、ミドルクラスのステーションワゴンとして、ダブルウィッシュボーンサスペンションがもたらすスポーティな走りやツーリング性能と、広い2列目空間を、低全高スタイルでパッケージした新しいスタイルのワゴンとして位置付けています。

 このクラスのカテゴリは一定規模があり、走りやデザインの激戦区である2列のステーションワゴン市場にホンダらしいスポーティなモデルとしてジェイドの2列仕様を投入することを決めました」ということです。

「RS」の5人乗りは、3列シート車とは全く異なる設計の後席(2列目)を装着。大型のセンターアームレストや座面の一部を反転させて使うテーブルも採用して快適性を高めました。3列車と違ってスライド機能はありませんが、クラストップの足元空間を実現しています。

 また、スライド機能をなくしたことで座面を厚く設計でき、座り心地が向上しているのも見逃せない部分といえるでしょう。

 シートといえば、「RS」はフロントシートも設計が変更されています。ヒップポイントを下げ、サイドサポートも張り出しを大きくするなどひときわスポーティな走りを考えた形状となっているのです。

 単に仕様を追加するだけなら必要なかったシートの変更をあえておこなったことからも、開発陣の「スポーティなミニバンの理想を求めたこだわり」が伝わってきます。

この記事の画像をもっと見る(21枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事