日産、2022年度までに新型電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種を投入

日産は、2022年度までに新型電気自動車(EV)3車種と「e-POWER」搭載車5車種を投入すると発表しました。

2022年までに日産車の電動化拡充

 日産は2018年4月20日、同社の中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」の重要な柱である国内市場の事業計画を発表しました。日産は、国内市場を「ニッサン インテリジェント モビリティ」の技術の進化をリードする市場と位置づけています。

日産のEV、新型「リーフ」

 日産は、国内市場において2022年までに電動化を積極的に拡大していくといいます。内容としては、2022年度末までに、新型電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種を国内市場に投入するとしています。これにより、日産は2022年度までの国内販売台数に占める電動駆動車の販売が40%になると見込んでおり、2025年度までには国内の販売台数の2台に1台以上が電動駆動車になる見通しとのことです。

 日本・アジア・オセアニア事業担当副社長のダニエレ スキラッチは、「『ニッサン インテリジェント モビリティ』の普及にあたり、国内市場が最も進んだ市場となることを誇りに思います。同ビジョンは、お客さまの生活を豊かにする技術やサービスを提供することでお客さまの体験を向上するだけでなく、中期計画『Nissan M.O.V.E. to 2022』を通じて当社の安定した利益成長を可能にします」と述べています。

【了】

日産のEVや販売店舗に導入する新デザインコンセプト写真で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事