• くるまのニュース
  • ライフ
  • とにかく逃げて逃げまくる!? 6分間改造された真紅のスバル・インプレッサが疾走! 映画「ベイビー・ドライバー」

とにかく逃げて逃げまくる!? 6分間改造された真紅のスバル・インプレッサが疾走! 映画「ベイビー・ドライバー」

撮影用に改造された真紅のスバル「インプレッサ WRX」も登場する「ベイビー・ドライバー」は、映像と音楽が見事に融合したカーアクション映画です。カーアクションは全てスタントドライバーによる実演で撮影されています。

撮影用に4台のインプレッサを用意した理由は?

「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」など、往年の名作をオタク目線で換骨奪胎した快作で多くの映画ファンから支持を得るエドガー・ライト監督によるハリウッド本格長編デビュー作「ベイビー・ドライバー」(2017年)。

スバル・インプレッサ WRX

 映像と音楽が完璧な融合を見せる本作は“カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」”とも評され、米映画批評No.1サイト<ロッテントマト>では異例のフレッシュ度100%(=満点!)を獲得。ド派手で疾走感あふれるカーアクションと、監督がこだわり抜いたロックやポップ、ソウルといった30曲もの多彩な音楽を見事にシンクロさせ、日本を含む世界的な大ヒットを記録した作品です。

 物語は、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのヒット曲「ベルボトムズ」のビートにのせた怒涛のカーチェイスからスタート。天才的なドライビングテクニックで犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する主人公・ベイビー(アンセル・エルゴート)が操るのは、撮影用に改造された真紅のスバル「インプレッサ WRX」(2006年型)です。

 銀行を襲撃した強盗団を乗せたベイビーは驚異的なハンドルさばきでパトカーの追跡を振り切ると、逃げ込んだ先の立体駐車場にあらかじめ用意していた北米仕様のトヨタ「カローラセダン」に乗り換え、警察の追手から無事に逃走。この鮮烈すぎる約6分間のオープニングシーンによって、観客を一気に作品の世界に惹き込んだのでした。

 とにかく逃げて逃げて逃げまくる本作では、超高難易度な圧巻のカーアクションが終始展開されますが、それらのスタント撮影は全てスタントドライバーによる実演というから驚き。ワイヤーやグリーンバックもほとんど使用せず、コンピューター処理は画像を鮮明にする程度に留めているそうです。

インプレッサは、WRC(世界ラリー選手権)でも活躍

 そもそも「インプレッサ WRX」というチョイスからして日本の“走り屋”たちも熱狂しそうなチョイスですが、なんとエンジンを載せ換えたり後輪駆動に改造したりと、撮影用に4台もの異なるWRXを用意したとのこと。

 他にも「三菱 ギャラン」などの渋い日本車が登場するので、オタク監督の執拗なまでのコダワリが生んだ極めてリアルなアクションであることを意識して観ると、より一層手に汗握るものがあるはず。

 また、各場面にマッチする絶妙な選曲のサウンドトラックはもちろんのこと、シフトチェンジや排気音、ドアの開閉やクラッシュ音に至るまで全てをビートに合わせる緻密な演出が、観る者を体感的な気持ち良さへと誘います。

 車好きや音楽好きはもちろん、あらゆる映画好きを魅了する革新的な作品と評される所以も納得のいくところ。映画すきを自称する方ならば、同じく大の映画マニアであるクエンティン・タランティーノ監督の作品と比較してみるのも面白いでしょう。

 エドガー・ライト監督は続編準備に取りかかっていることを認める発言をしており、今後の展開も注目を集めています。

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事