ツルツル路面でもしっかりグリップ 滑らないタイヤとは

タイヤには、世界で一番過酷な環境と言われている日本の冬季路面。安心・安全なクルマ生活を送るためにスタッドレスタイヤは日々開発されています。

日本の道路は世界一過酷な環境

 スタッドレスタイヤは、圧雪やブラックアイスバーンなどの路面状況に対応するため最新技術を多数取り入れ、安全で快適な冬場のクルマ生活に大変寄与しています。

ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX2」

 各国の冬季路面の環境は、北欧やロシアは気温が極めて低く路面は低温の凍結路、欧州は気温が高く浅雪やウェット路面、北米は気温が低く除雪での積雪路面、では日本の環境はどうでしょうか?

 日本は、昼夜気温の高低差があり0度付近の滑りやすいツルツル凍結路が一般的で世界で最もタイヤには過酷な路面環境と言われています。

 ブリヂストンのタイヤ試験場、「北海道プルーピンググラウンド」で新製品「BLIZZAK VRX2」の体験試乗会が行われ、「なぜタイヤは滑るのか」、「独自技術の発泡ゴム」についてブリヂストンの原秀男さんにお話を聞きました。

ブリヂストン フェロー 原 秀男氏
雪が表面に詰まってるタイヤは性能が高い

——タイヤが滑るのは何故ですか?

 冬の路面で水膜は、凍った路面とタイヤの間に発生します。氷上でタイヤを滑りにくくするためには、まずこの水膜を除去し、タイヤのグリップ面をしっかりと氷に密着させることがとても大事になります。

 スタッドレスタイヤに求められる氷上性能とは、この水膜を取り除くことにあり、タイヤメーカー各社様々な技術によってこの水膜除去性を上げようと必死に技術開発を行っています。

 雪道性能が高いスタッドレスタイヤについて原さんは、「溝やサイプに雪が挟まっている方が性能の高いタイヤ。雪をしっかり掴みグリップ力が向上している証拠です」と話してくれました。

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事