ホンダアクセス、6台のカスタマイズカーを展示

ホンダ車専用純正アクセサリーを提供するホンダアクセスは、「東京オートサロン2018」に、6台のカスタマイズカーを展示します。

リノベーションされた「CR-Z」やコラボモデルも登場

 ホンダアクセスは、2018年1月12日(金)から幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2018」に、多様なカスタマイズの可能性を提案する6台のモデルを出展します。

Re:Z (アールイーゼット)

 ホンダアクセスは、ホンダ車専用の純正アクセサリーを開発する会社としてホンダ車にカスタマイズパーツをはじめとするさまざまな製品を提供しています。

 ホンダアクセスブースでは、CR-Zをタイムレスなスタイルにリノベーションした「Re:Z(アールイーゼット)」、オデッセイベースのプレミアム クロスオーバーミニバン「ODYSSEY CROSS CRUISER」といったスタイリングのカスタマイズをクルマ先行層へ提案します。

 クルマをファッションやライフスタイルとして楽しむ提案として、若者、女性、子どもたちに人気の ブランドとのコラボレーションモデル「N-ONE CHUMS コラボ」「N-BOX 《BARBAPAPA》COLLECTION」「けもフレ フィット」などを展示し、カスタマイズによるクルマの楽しみの幅広さを体感いただけるブースとしています。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事