アルファード、ヴェルファイアをマイナーチェンジし発売

トヨタは、アルファード、ヴェルファイアに第2世代版の予防安全装備を全車に標準装備しました。

予防安全装備を充実させ、安全運転支援も強化

 トヨタは、アルファードならびにヴェルファイアをマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売します。今回のマイナーチェンジは、新しい安全予防パッケージ「Toyota Safety Sense(第2世代版)」を全車に標準装備しました。

マイナーチェンジされるアルファード、ヴェルファイア(写真:アルファード Executive Lounge)

 搭載された安全装備は、単眼カメラとミリ波レーダーにより、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能になった「プリクラッシュセフティ」やレーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」、カメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らす「ロードサインアシスト」を搭載しています。

 さらに、後退する際に接近してくる車両をレーダーで検知し、ドライバーに注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や走行中ドアミラーで確認しにくい後側方の車両をレーダーで検知し、ドアミラーのLEDインジケーターが点灯・点滅することでドライバーに注意喚起する「ブラインドスポットモニター(BSM)」を新設定するなど、予防安全装備を充実させ、安全運転支援の強化をはかりました。

レーントレーシングアシスト(LTA)

 走行性能は、ダイレクトな走りの実現と高い燃費性能を確保したV6-3.5ℓエンジンに、エネルギーロスを最小限にし、伝達効率を高めるためギアやクラッチなどに様々な対策を施したDirect Shift-8ATを採用しました。

 また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ合成を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しました。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事