「逮捕」まであと3日!? 警視庁の連載“猫マンガ”がSNSで話題に 「ペダル付き電動バイク」違法走行に警告!「7日後に捕まるモペ」最終回は日曜に

警視庁交通総務課がSNSで毎日公開している「7日後に捕まるモペ」という1ページ漫画が話題に。どのような内容なのでしょうか。

ただの電動アシスト自転車と勘違い

 警視庁交通総務課が7月に入って、SNSで「7日後に捕まるモペ」という1ページ漫画を毎日公開しています。

 自転車にモーターを搭載して自走できる「ペダル電動バイク」の違法走行に対する警告となっています。

 予定では、7月14日(日)に主人公がいよいよ「逮捕もしくは取り締まり」を迎えることとなり、その顛末に期待する声も上がっています。

モペットにあこがれた猫が…!?(画像:警視庁交通総務課)。
モペットにあこがれた猫が…!?(画像:警視庁交通総務課)。

「7日後に捕まるモペ」は、猫のキャラクター「モペ」が「ペダル付き電動バイク」いわゆる「モペット」に憧れ、購入しようとするストーリーです。

 警視庁がアピールしたいのは、モペットはあくまで「電動バイク」と同等であり、運転免許が必要であるということ。「電動アシスト自転車と同じ」という安易な考えを改めさせることが目的です。

 道路交通法が改正されると、今後は「ペダルを漕いで走行してもバイクの運転となる」というルールになります。「これは自転車だから!」という言い訳をさせないための措置と言えるでしょう。

 モペは1日目、街角の店でモペットを発見。ちょうど「かっこいい自転車」が欲しかったモペは、一目でとりこになります。

 2日目もモペは「ただの電動アシスト自転車のかっこいい版」という認識のまま。3日目には「(従来の電動アシスト自転車と違って)漕がなくても進むんだ!」と発言しています。見かけたモペットは歩道走行していますが、もちろんこれは違法です。

 そして11日に公開された「4日目」では、今度は「電動アシスト自転車」に「後付けスロットル」を取りつけて「モペット化」できるキットに目を奪われています。

 電動アシスト自転車は、人間が足で漕ぐとアシストが発動するもの。スロットルを取りつけると、人間の足の力は不要になります。こうなった時点でその車両は「モペット」つまり電動バイクとなります。警視庁は「免許を取得せずに乗ると『無免許運転』になります」と注意喚起します。

※ ※ ※

 モペが捕まるまで、あと3日。何をやらかして捕まることになるのか、ネット上では「どうなるのこれ」など展開を期待する声も見られます。

 話題になった「猫ミーム」「100日後に死ぬワニ」へのオマージュや、「憧れるのをやめましょう」などの流行語を盛り込むなど、ネタをふんだんに投入して啓発する警視庁。ネット上では「これは警視庁が本気を出したな」「さっきモペットが凄いスピードで走ってて、あのスピード出されたら怖いわ。早く捕まればいいのに」「バシバシ捕まえて駆逐して欲しい」「取り締まり強化してください」「しっかり取り締まりしてね」「どこまで本気で取り締まってくれるかな」など、期待する声が上がっています。

【画像】これは危険! 電動キックボードは無法地帯!? 免許必要な実態を見る!(13枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3 4 5

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. ホンダ最初の製品は自転車にエンジン付けた、いわゆるモペットからスタ-トした。このモペットは走り始めペタルで漕いでエンジンかかる仕組み。坂道では逆にペタル漕いで上ったもんだね。もちろんナンバ₋プレ-ト付き。今の時代はなんでも目新しさばかりに注目され、法規が無視されてる感じ。
    電動自転車(ヤマハPAS)は坂道等、負担軽くするときのみ電動が作用する。それ以上の出力は原付

    • 令和の今、ナンバーが必要不要の知識が必要ですが
      当時は自転車がそもそもナンバーが必須でした。
      つまり勘違いの余地が無く、今と比べるのは無意味です。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー