“旧車デザイン”の新型「本格4WD」公開! 「ジムニー」のような「箱型」デザインがカッコイイ! アルファ新型「ORYX」米で発表

ALPHA MOTORは、フル電動の商用小型ピックアップトラック「ORYX」(オリックス)を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

超カッコイイ…新型「オリックス」って何?

 アメリカに本拠地を置く新興EVメーカーのALPHA MOTOR(以下アルファ)は2024年4月22日、フル電動の商用小型ピックアップトラック「ORYX」(オリックス)を発表しました。

これは欲しい…新型「ORYX」
これは欲しい…新型「ORYX」

 世界各国でさまざまな新興EVメーカーが乱立するなかで、アルファは駆動用バッテリーの交換を踏まえたシャシのモジュール化に関する特許を取得した強みを持っており、2020年に発表したクーペを皮切りにクロスオーバー、ピックアップトラック、セダンなどラインナップを拡充させています。

 今回発表されたオリックスは、主力モデルの「ウルフ」と同じピックアップトラックですが、ウルフが乗用ユースであるのに対して、オリックスは商用ユースを想定した設計になっているのが特徴です。

 例えば荷台は長さが2195mmとウルフより360mmほど長くなっています。またサイドパネルは取り外し可能(ドロップサイド)で、フロア両側にあるレールにはフックを取り付けることができ、さまざまな貨物輸送ニーズに合わせて柔軟に対応します。

 コックピットは計器盤と空調パネルにアナログ形式を採用。エクステリアデザインと同様に、レトロな雰囲気が漂います。

 ボディサイズは全長5200mm×全幅1872mm×全高1768mm。後席を加えた4人乗りの「オリックスプラス」は全長が+420mm、全幅が+58mmとなります。

 シングルモーターのRWD(後輪駆動)仕様とデュアルモーターの4WD仕様があり、一充電当たりの航続距離は250〜275mile(400〜440km)となっています。

 同社によると2024年2月時点で6万9500台の受注を獲得したといいます。ただ、これまで発表してきたのはいずれもプロトモデル。まだ1車種も量産化に至っていません。販売開始は2025年になる見通しです。

【画像】超カッコイイ!新型「本格4WD」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー