広島~廿日市の“湾岸線”4車線化いよいよ大詰め!? 臨海部バイパスの「広島はつかいち大橋」2本目が橋桁工事開始

広島県は2024年7月9日、広島市西部の臨海部をつなぐ「広島はつかいち大橋」の4車線化工事について、橋桁の架設工事を開始しました。

国道2号の海側バイパスが4車線化へ

 広島県は2024年7月9日、広島市西部の臨海部をつなぐ「広島はつかいち大橋」の4車線化工事について、橋桁の架設工事を開始しました。

広島市西部の臨海部を抜ける広島南道路(一般部)(画像:Google Earth)。
広島市西部の臨海部を抜ける広島南道路(一般部)(画像:Google Earth)。

 広島はつかいち大橋は、市街臨海部を東西に走る高速道路「広島高速3号線(広島南道路)」およびその側道の延長線として、廿日市市まで到達する部分に架かります。

 長さは約1.3km。2001年に開通し、1991年開通の「新八幡川橋」とつながって、臨海部を広島市~廿日市で走り抜けられるようになりました。

 広島の東西軸は、広域移動には西広島バイパスが山手を走っていますが、生活移動では旧態依然とした狭い国道2号が一手に担っていて、慢性的な渋滞が課題になっています。

 臨海部を走る広島南道路は、そのバイパスとして機能しているほか、複数のショッピングモールが開業し、そのアクセス道路となっています。

 しかしこちらも渋滞が激しくなってきているため、4車線化の事業が進められています。2017年には新八幡川橋が4車線化を果たしています。

 さて今回、広島はつかいち大橋も、2本目の橋が架けられていきます。着工は2018年で、すでに橋脚は完成していて、9日から橋桁工事がはじまります。

 工事は6つのブロックに分けられ、広島市側の第1ブロックから順番に、7月31日の第6ブロックまで約1か月かけて、橋桁を架けていきます。

 2200トン吊りのフローティングクレーンで海上輸送し、橋桁を吊り上げてつなげていく、壮観な作業が始まりました。この区間の4車線化が完成すれば、海田大橋から廿日市市内の西広島バイパスまでが4車線道路でつながることとなります。

【画像】超便利!? これが「広島南道路」ルートと工事状況です(18枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー